Tex 使用法

目次
TeXの特徴Tex疑問点TeX情報TeX命令
TeXファイルTex原稿作成文法書式利用者マクロ
カウンターほげマクロ単位爪(親指)
位置ぎめ\newcommand\renewcommandIF, LOOPなど
\input\usepackage改行,左端,中央,右端箇条書き
インデントミニページ枠で囲むソースファイル
網掛けフロートグルーハイパーリンク
\setlengthpicture環境箇条書き
図の挿入るび作成傍点
TTY出力特殊文字αβγアンダーライン
フォントPKGフォント,上下アクセント矢印
矢印2化学平衡単項演算子関係子
2項関係子その他の記号空行,空白,改行改ページ
文字重ね書き文字均等割り章,節カウンタ
サイズ数式・化学式数式例数式に説明文
文章囲みマクロソース表示段組
行間,行数ページ(ノンブル)ページ(2)爪掛け
ヘッダー脚注目次,索引紙サイズ
Tex単位系Tex表示法Tex計算法Tex条件判断
DviToolPS作成スタンプPS FONT設定
PDF作成PDFしおり付きps2asciipsconv
追加インストールamspstrickssubfigure
latex2htmlman-latex2e-htmlieice学会麻酔とテク
表題,著者はじめに方法結果
考 察参考文献ABSTRACT
\maketitlearfonts.styexample.styPDFフォント変更
元に戻る.

TeX命令目次に戻る.
\advance\bfseries\chapter\Cdp
\Cvs\colorbox\def\divide
\dotfill\edef\everypar\fancyhead
\fontsize@for\global\hbox
\hfil\hrule\hspace\hss
\ifnum\input\kern\leftmark
\let\lower\makeatletter\makeatother
\makebox\mathrel\mbox\multicols
\multiply\newcommand\newenvironment\newif
\newlength\newskip\newtab\noalign
\number\parbox\parindent\@plus
\quad\raggedleft\raggedright\raisebox
\relax\rightmark\rule\section
\setlength\sffamily\@startsection\spetial
\tableofcontents\@tfor\typein\typeout
\vbox\vrule\vskip\@whilenum
\z@


元に戻る.
資料: 数学の常識,非常識.由緒正しいTex入力法 VIII. LATEX LaTeX スタイル・マクロ ポケットリファレンス ASCII pTeX 2.1.8のインストール ASCII pTeX 2.1.8のインストール コピー 現在のvarは platex This is pTeX, Version 3.141592-p3.1.9 (euc) (Web2C 7.5.4) plamoもubuntsも同じ.
TeXの特徴目次に戻る.
☆ Wordと異なりマウス操作が不要 ☆ \input命令で分割ファイルが読み取れる. ☆ 自動ナンバーリング,目次,索引が作れる. ☆ マクロ命令でドキュメントの統一表示ができる. ☆ Pdfファイルまで作れる. ☆ 図の周りにテキストを流し込むには,wrapfig.sty しかし,enumerate環境下では使えない ☆ emathMw.styでは,mawarikomi環境
Tex疑問点目次に戻る.
現在記述しているフォントサイズを1ランク上下する方法? 現在記述している位置を記憶し,再現する方法? 段落の空間の広がり調整法 2006年 6月17日 (土) 12:27:04 JST \documentclassでA4,B5を指定してもdvi,psファイルでは 常にA4サイズで出力する. プリアンブルに %------------------ B5版用紙設定 -------------------- \special{papersize=182mm,257mm} と記入する. 2008年10月30日 (木) 09:28:23 JST 英文の区切り方: LaTeXの場合は,前置詞とその次の単語のあいだに"改行しない スペース"の記号である"~"(チルダ)を使います.つまり上の例では, Observation of~Cavitation Bubble Cluster by~High-Speed Video Camera とタイプすることになります. 目次のページ番号(ローマ数字): プリアンブル,または\begin{document}の直後に \pagenumbering{roman}と書く. アラビア数字への変更は, \pagenumbering{arabic} \mitを使うと数字が小さくなる: ${\mit{\Delta}}Q > \,0 $のように\mitの範囲を{}で囲む. 2014年 5月 24日 土曜日 07:07:20 JST multicolsでの図表挿入. \makeatletter \newenvironment{tablehere} {\def\@captype{table}} {} \newenvironment{figurehere} {\def\@captype{figure}} {} \makeatother を挿入して, \begin{figurehere},または\begin{tablehere} を使用する.
Tex情報目次に戻る.
テキスト表示スパンを変更する方法 TeX Q & A 34501-35000 TeX Wiki フォントの工夫 数式番号の工夫(コピー) 数式番号の工夫2(コピー) 図表の参照(コピー) 図の回り込み(コピー) 図・表のキャプションの変更.(コピー) 電子情報通信学会論文誌が便利 数式記号(コピー) ASCII版 日本語 LaTeX 使用法(コピー)Texの詳しい本(コピー) texbytopic-a4.pdf(コピー) Making TeX Work(コピー) Tex Users Grjoup 本家 WindowsのTex説明 なかなかよい.(コピー) Hyper Tex Document Manual(コピー) 日本語Hyper Tex説明(コピー) TeX プリミティブ命令 重要 TeX Primitive Control Sequences(コピー) ハイパー TeX(コピー) math-sample.pdf 数式表示サンプル(コピー) math-samplep.pdf(コピー) math-sample0.lzh(コピー) TeX 小品集() yatimata2.lzh yatimata2.pdf Latex2e マクロ本(コピー) A LaTeX encyclopaedia LaTeXの使い方(コピー) DVI format(コピー) 文系人間のためのやさしいLaTeX入門(コピー) www.tug.org(コピー) ptex-doc.pdf(コピー) graphics.pdf(コピー) akagi(コピー) dvi説明コピー(コピー) (j)Latex Help File(コピー) AMS.pdf(コピー) Beginer Latex(コピー) Texnicians.pdf Texの本格的な説明(コピー) Latexハンドブック LaTexの簡単な説明(コピー) Latexへの道(コピー) beginner.pdf(コピー) styleuse.pdf(コピー) これは良い junior.pdf(コピー) latexdoc2e.tar.gzソースファイル(コピー) LaTex 覚書(コピー) Latex入門,立体数式(イタリックにならない数式表示)(コピー) 東大Latex入門(コピー) ワープロユーザーのためのLaTeX入門(コピー) 文字の移動などのTIPS 文字の移動など(コピー) dviファイルから直接pdfファイルを作成する.またBMPイメージも読み込む. THE DVIPDFMx PROJECT ソース dvipdfmx-20050831.tar.gz(コピー) 命令:platex 岩瀬1.tex ; dvipdfmx 岩瀬1.dvi LaTeX2HTML (Japanese) CTAN TeX オリジナルサイト Newsgroups: fj.sources Newsgroups: fj.comp.texhax 好き好きLatex2e初級編pdf(コピー) TeX を使った論文作成のノウハウ(コピー) 好き好きLatex2e初級編 LaTeX のスタイルファイルを変更する ---ファミリーセダンをチューンアップ---(コピー) LaTeXしよう!(コピー) LaTeXで論文を書こう.(コピー) LaTeXの使い方(コピー) LaTeXコマンドシート一覧 日本語Tex情報(コピー) UNIX における TeX のインストール LaTeX2e_package.html SMALL LaTeX LAB,上級編 非常によい(コピー) Welcome to TeX FAQ TeX Users Group Home Page Hypertext Help with LaTeX Text Processing using LaTeX HoneyBee コンダラで多書体TeX コンダラで多書体TeX(コピー) kondara-styleパッケージについて kondara-styleパッケージについて(コピー) dffontsパッケージについて dffontsパッケージについて(コピー) Linux de はがき宛名印刷 Linux de はがき宛名印刷(コピー) Linux-Word ガイド Linux-Word ガイド(コピー) 日本語TeX情報 Linux での teTeX-beta,pTeX,pLaTeX2e のインストール Linux での teTeX-beta,pTeX,pLaTeX2e のインストール(コピー) TeX で多書体を TeX で多書体を(コピー) Linux で年賀状が書きたい Linux で年賀状が書きたい(コピー) Ghostscriptで日本語TrueTypeフォントを使う方法 (実験) Ghostscriptで日本語TrueTypeフォントを使う方法 (実験)(コピー) amstex: 日本語 LATEX2e インストールキット UNIX 版 (アスキー, ISBN4-7561-3099-2) で,amstex をインストール # cd /usr/local/share/texmf/tex/amstex # initex amstex.ini \\dump # cp amstex.fmt amstex.log /usr/local/bin # ln -s virtex amstex # exit % rehash jlatexはLaTex218コンパイラー \documentstyle[epsbox,fleqn,12pt]{jarticle} \begin{document} ... \end{document} latexはLaTex2eコンパイラー \documentclass[epsbox,fleqn,12pt]{jarticle} \begin{document} ... \end{document} platexはpLaTex2eコンパイラー \documentclass[epsbox,fleqn,12pt]{jarticle} \begin{document} ... \end{document} コンパイル命令 (jlatex 2.09) platex a.tex 表示プロシジャ:jp platex $1.tex xdvi $1 プリントプロシジャ:jpl platex $1.tex /usr/bin/dvips $1 >$1.ps lpr -Pps $1.ps 参考サイト: Hypertext Help with LaTeX 日本語TeXについての情報 Tex サイト Tex メインメニュー UNIXワークステーション演習(3) LaTeXの第一歩 LaTex tclによるpl2
TeX 関係ソフトのインストール TeX3.1415 & pTeX2.1.4 ファイル web-6.1.tar.gz web2c-6.1.tar.gz web2c.kpathsea-2.6.help.gz xdvik-18f.tar.gz ptex-2.1.4.tar.gz lib-6.9.tar.gz ライブラリーファイルのインストール # cd /usr/local/tex/lib/texmf # gtar xvzf $FTP/lib-6.9.tar.gz # gtar xvzf $FTP/plib-euc.tar.gz ファイルの展開とパッチ 適当な directory の下で # gtar xvzf $FTP/web-6.1.tar.gz # gtar xvzf $FTP/web2c-6.1.tar.gz # gtar xvzf $FTP/ptex-2.1.4.tar.gz # gtar xvzf $FTP/xdvik-18f.tar.gz # mv web2c-6.1/web2c xdvik-18f # mv xdvik-18f kpathsea-2.6 # \rm -rf web2c-6.1 # \rm -rf kpathsea-2.6/xdvik # cd kpathsea-2.6 # gzip -d ../web2c.kpathsea-2.6.help.gz # patch -p -s < web2c.kpathsea-2.6.help インストール # cd ../ptex-2.1.4 # ./pTeXsetup -euc # cd ../kpathsea-2.6 # ./configure Makefile の編集 prefix=/usr/local/tex INSTALL=bsdinst -c # make エラーを解消するために # cd web2c/lib gcc .... -L/usr/openwin/lib -L/opt/X11R6/lib ... と手動で実行し.元の directory に戻ってくる. # make (make の終了) # make install # setenv TEXBIN /usr/local/tex/bin # setenv TEXMF /usr/local/tex/lib/texmf Go back to Install memo LaTeX2e ファイル base-9512.tar.gz dc font latex_2e.packages.tar.gz dc font の更新 # cd $TEXMF/fonts/public # mv dc dc-1.1 # gtar xvzf $FTP/font.dc.tar.gz # cd dc # \rm -rf fd # \rm -rf ready-mf # mv -f mf src LaTeX2e のインストール # cd $TEXMF/tex/latex2e # \rm -rf base # \rm -rf misc # mkdir base 適当な directory の下で, # gtar xvzf $FTP/base-9512.tar.gz # cd base # rm hyphen.tex # chmod 644 * # initex unpack.ins # initex latex.ltx # mv -f *.cls *.clo *.sty *.fd *.def $TEXMF/tex/latex2e/base # mv -f *.cfg *.ltx *.tex *.ist $TEXMF/tex/latex2e/base # cd $TEXBIN # \rm latex # ln -s virtex latex # rehash チェック base-9512.tar.gz を展開した directory に行き, # cd base # latex ltxcheck マクロ のインストールの仕方 ・基本マクロのインストール # gtar xvzf latex_2e.packages.tar.gz # cd packages/tools # latex tools.ins # mkdir $TEXMF/tex/latex2e/packages # mkdir $TEXMF/tex/latex2e/packages/tools # mv -f *.cls *.clo *.sty *.fd $TEXMF/tex/latex2e/packages/tools # mv -f *.def *.ltx *.tex $TEXMF/tex/latex2e/packages/tools ・グラフィック関連のマクロのインストール # cd ../graphics # latex graphics.ins # mkdir $TEXMF/tex/latex2e/packages/graphics # mv -f *.cls *.clo *.sty *.fd $TEXMF/tex/latex2e/packages/graphics # mv -f *.def *.ltx *.tex $TEXMF/tex/latex2e/packages/graphics 同様のことを babel, mfnfss, psnfss についても行う. Go back to Install memo pLaTeX2e ファイル plib-euc.tar.gz pl9603e.tar.gz インストール # gtar xvzf $FTP/pl9603e.tar.gz # cd 9603 # setenv TEXINPUTS ".:../base:$TEXMF/tex//" # iniptex plcore.ins # iniptex platex.ltx # mkdir $TEXMF/tex/platex2e # mkdir $TEXMF/tex/platex2e/base # mv -f *.cls *.clo *.sty *.fd *.def *.cfg *.ltx $TEXMF/tex/platex2e/base # mv -f platex.fmt platex.log $TEXMF/tex/platex2e/base # cd $TEXBIN # ln -s virptex platex # rehash Go back to Install memo AMS-LaTeX1.2 & AMS-pLaTeX ファイル amslatex.tar.gz amsfonts-sources.tar.gz jamscls.euc.tar.gz AMS-LaTeX1.2 & AMS-pLaTeX のインストール # gtar xvzf $FTP/amslatex.tar.gz # cd amslatex/inputs # mkdir $TEXMF/tex/latex2e/amslatex # cp -p * $TEXMF/tex/latex2e/amslatex # cd ../.. # gtar xvzf $FTP/amsfonts-sources.tar.gz # cd amsfonts/doc/latex/ # setenv TEXINPUTS ".:../base:$TEXMF/tex//" # latex amsfonts.ins # mkdir $TEXMF/tex/latex2e/amsfonts # mv -f *.sty *.fd $TEXMF/tex/latex2e/amsfonts # cd $TEXMF/tex/platex2e/amslatex # gtar xvzf $FTP/jamcls.euc.tar.gz # latex jamscls.ins Go back to Install memo AMS-TeX2.1 & AMS-pTeX ファイル amstex.tar.gz AMS-TeX2.1 のインストール # cd $TEXMF/tex/ams # gtar xvzf $FTP/amstex.tar.gz amstex.ini の編集 \documentstyle{amsppt} のコメントアウトをはずす. # initex amstex.ini \\dump # mv -f amstex.fmt amstex.log $TEXMF/ini # cd $TEXBIN # rm amstex # ln -s virtex amstex # rehash AMS-pTeX のインストール # cd /usr/local/tex/lib/texmf/tex/ams amsptex.ini というファイルを作り, \input ptex \input amstex \input amsppt.sty \font\preloaded=eufm6 \font\preloaded=eufm8 \font\preloaded=msam6 \font\preloaded=msam8 \font\preloaded=msbm6 \font\preloaded=msbm8 \def\documentstyle#1{\immediate\write16{The documentstyle is fixed to amsppt.}} \dump と書く. # iniptex amsptex.ini \\dump # mv -f amsptex.fmt amsptex.log $TEXMF/ini # cd $TEXBIN # ln -s virptex amsptex # rehash Go back to Install memo LaTeX2.09 & AMS-LaTeX1.1 これらのインストールは UNIXにおけるTeXのインストール ( 東京大学 大島研 )を 参考にしました(その他のTeXもそうですが). LaTeX2.09に ついてはマニュアル通りの作業でインストールが完了しました. し かし,AMS-LaTeX1.1の方ではnfss1jp.euc.tar.gzを使った 日本語化におけ るプロセスでコンパイルに失敗しました. これには,ファイル fontset/lfonts.newをamsltx11/latex/にコピーし, 再度コンパイル(iniptex)をす ることでうまく行きました. Go back to Install memo LaTeX2HTML 目的 LaTeX2e で書かれた TeX file を HTML 形式に変換する. 残念ながら,ま だ,完璧には動いていないが,テキスト のみの場合は,ちゃんと動 くようだ. ファイル latex2html-96.1.tar.gz LaTex2HTML のインストール # cd /usr/local/tex/lib # gtar zxvf $FTP/latex2html.tar.gz # cd latex2html latex2html.config の編集 $LATEX2HTMLDIR = "/usr/local/tex/lib/latex2html" $PBMPLUSDIR = "/usr/local/bin/pbmplus" $USENETPBM = 1 # chmod 755 * # install-test # cp latex2html /usr/local/tex/bin/ Go back to Install memo amsmath パッケージのインストール (1) ソースの入手 CTAN(例えば,ftp.center.osaka-u.ac.jp )より inputs ファイル amsmath.sty 等を 入手す る. [ ファイルリスト 00Contents の内容 ] これらのファイルを amsmath-1.0 という名のディレクトリの下に置き, amsmath-1.0-1.tar.gz という一つのアーカイブファイルにまとめる: % tar -zcvf amsmath-1.0-1.tar.gz ./amsmath-1.0 このアーカイブファイル(amsmath-1.0-1.tar.gz)を /usr/src/redhat/SOURCES/ に置 く. (3) spec ファイルの作成 spec ファイル amsmath-1.0-1.spec を作成し,/usr/src/redhat/SPECS/ に置く. (4) rpm ファイルおよび srpm ファイルの作成 # rpm -ba /usr/src/redhat/SPECS/amsmath-1.0-1.spec .......... /usr/src/redhat/SRPMS/amsmath-1.0-1.src.rpm , /usr/src/redhat/RPMS/i386/amsmath-1.0-1.i386.rpm が作成される. (5) インストール # rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/amsmath-1.0-1.i386.rpm (6) 後始末 srpm ファイルがあれば,その他のファイルは全て再生成可能なので,srpm ファイ ル以外は削除する. # rm -rf /usr/src/redhat/BUILD/amsmath-1.0-1/ # rm -f /usr/src/redhat/SPECS/amsmath-1.0-1.spec # rm -f /usr/src/redhat/RPMS/i386/amsmath-1.0-1.i386.rpm # rm -f /usr/src/redhat/SOURCES/* インストール cd /usr/share/texmf/tex/platex md amslatex cd amslatex cp /home/tanaka/ams/ftp/SPECS/amsmath-1.0/* . /usr/bin/mktexlsr フォントインストール cd /usr/share/texmf/tex/platex md amsfonts cd amsfonts cp -r /home/tanaka/ams/ftp/font/* . cd /usr/share/texmf/fonts/source cp /home/tanaka/ams/ftp/amsfonts-sources.tar.gz . tar zxf amsfonts-sources.tar.gz chown -R root amsfonts chgrp -R root amsfonts /usr/bin/mktexlsr
PS作成目次に戻る.
dviファイルをpsファイルに変換する. dvips -o a.ps a.dvi
スタンプ目次に戻る.
SECRET!のスタンプ作成 1) secret.proを作成する. vi secret.pro userdict begin /bop-hook{gsave 200 150 translate 65 rotate /Times-Roman findfont 144 scalefont setfont 0 0 moveto 0.7 setgray (SECRET!) show grestore} def end 2) secret.proと目的のdviをマージする. dvips -h secret.pro a.dvi -o a.ps
PS FONT設定目次に戻る.
注意: Plamo Linux Ver 3.0のTexでは kochi-mincho.ttf,kochi-gothic.ttfで印刷される. それをmsmincho.ttc,msgothic.ttcに変換するには, su cd /usr/share/ghostscript/7.05/lib vi CIDFnmap % /Kochi-Mincho (kochi-mincho.ttf) ; % /Kochi-Gothic (kochi-gothic.ttf) ; /Kochi-Mincho (msmincho.ttc) ; /Kochi-Gothic (msgothic.ttc) ; と変更する. デフォルト状態のPSファイルは /Ryumin-Light-H rf と設定されている.
PDF作成目次に戻る.
psファイルをpdfファイルに変換する ps2pdf jtex.ps Could not find encoding file "H"の対応. su cd /opt/teTeX/share/texmf/web2c vi texmf.cnf.ptex CMAPFONTS = .;$TEXMF/fonts/cmap// を CMAPFONTS = .;$TEXMF/fonts/cmap//;/usr/share/poppler/cMap/Adobe-Japan1/ に変更する. vi texmf.cnf CMAPFONTS = .;$TEXMF/fonts/cmap// を CMAPFONTS = .;$TEXMF/fonts/cmap//;/usr/share/poppler/cMap/Adobe-Japan1/ に変更する. 2014年 8月 5日 火曜日 20:50:37 JST 注意:texmf.cnfの方が有効だった.
PDFしおり付き目次に戻る.
しおり付き PDFファイルを作成する際には, TeX のソースファイルにもちょっとばかり手を加える. \AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode 90ms-RKSJ-UCS2}}% 日本語可能なしおりにする \usepackage[dvipdfm,% pdfstartview={FitH -32768},%横幅に合わせて表示 bookmarks=true,%しおりを付ける bookmarksnumbered=true,%章や節の番号を振る bookmarkstype=toc,%目次情報ファイル(\jobname.toc)を参照 linkbordercolor={0 1 1},% default 1 0 0 colorlinks=false,% ハイパーリンクを文字に色を付けるのではなく色枠に citebordercolor={0 1 0},% cite の枠の色 lime [default] urlbordercolor={0 0 1},% url の枠の色 blue [default] % bookmarksopen=true,%しおりの展開(Not suported by dvipdfmx) % bookmarksopenlevel=3,%目次の深さを指定(Not suported by dvipdfmx) % breaklinks=true,%改行を含むリンクを許す(Not suported by dvipdfmx) pdftitle={文書のプロパティのタイトル},% pdfsubtitle={文書のプロパティのサブタイトル},% pdfauthor={文書のプロパティの作成者},% pdfkeywords={文書のプロパティのキーワード},% ]{hyperref}% 上記の設定で, platex hogehoge.tex --> platex hogehoge.tex --> mendex hogehoge.idx --> platex hogehoge.tex --> dvipdfmx hogehoge.dvi とするとしおり付きの PDF ファイルが作成される.
ps2ascii目次に戻る.
psまたはpdfファイルをASCII textに変換する. 命令: ps2ascii input.ps [output.txt] ps2ascii input.pdf [output.txt]
psconv目次に戻る.
psconvはテキストファイルを PostScript に変換する. 命令: psconv [ -snhj ] [ -Vformat | -Hformat ] [ -mmargin ] [ -ffontmap ] [ filename ] ...
Texファイル目次に戻る.
Tex原稿を作成すると,いくつかの関連ファイルが作成される. そのために作業ディレクトリを新たに作成しておくとよい. 利用者ディレクトリ *.tex (利用者が作成する)ex原稿 *.aux 不明 *.dvi 完成したdviファイル,(xdvi)で読む. *.log 翻訳ログ *.ps 完成したpsファイル,(gvで表示し,またlpr -Ppsで印刷する) Texシステムディレクトリ *.sty スタイルファイル *.dtx パッケージファイルと,解説書 platex *.dtxで*.styが抽出される. *.ins インストール時に利用するファイル. platex *.insで*.styが抽出される.
Tex原稿作成基本形目次に戻る.
コメント文は文頭に%を記入 エディタ駆動 vi a.tex 原稿:以下を入力する. \input{/home/tanaka/tex/a4} \begin{document} ここに原稿を書く. ... \end{document} :w :!jp a "表示命令 :!jpl a "印刷命令 :!rm *.aux *.log *.dvi *.ps pLaTex2eの場合: 原稿: vi a.tex \documentclass[12pt]{jarticle} \begin{document} ここに原稿を書く. ... \end{document} 左マ−ジンを0,トップマ−ジンを引き上げて, フォントの下半分を見えるようにすると: \documentclass[12pt,a4]{jarticle} \topmargin=-1in \addtolength{\topmargin}{-15mm} \oddsidemargin=-1in \begin{document} \noindent ここに原稿を書く. ... \end{document} 注意: \addtolength{\topmargin}{-20mm}にすると,印刷文字が見えない. 命令: # a.texを翻訳してa.dviファイルを作成する. platex a.tex # a.dviファイルをX ウィンドウに表示する. xdvi a.dvi # a.dviファイルをa.psファイルに変換する. dvips -f a.dvi > a.ps # a.psファイルをX ウィンドウに表示する. gv a.ps ps2pdf a.ps xpdf a.pdf jbookの場合: \frontmatter(前付け)・\mainmatter(本文)・\backbatter(後付け)コマンドがあり, ページ番号もギリシャ数字,ローマ数字の区別がされている. 目次とtocが作成される. 例: \documentclass[12pt,a4]{jbook} \begin{document} \frontmatter% 前付け \tableofcontents% 目次 \chapter{はじめに} \mainmatter% 本文 \chapter{それから} \chapter{更に} \backmatter% 後付け \chapter{謝辞} \end{document} 注意: 「関連図書」を「参考文献」に変える: プリアンブルで, \renewcommand{\bibname}{参考文献} と記述する. ps2pdfでは日本語フォントが表示されない. ページ番号付きのレイアウトでは \input{/home/tanaka/tex/a4p} を使用する. 2008年12月15日 (月) 23:48:54 JST 注意: Plamo Linux 4.22.dvdではTex命令群が/opt/teTeX/binに入っている. そのため,パスを設定する. 例: vi .cshrc set path=(. /opt/teTeX/bin /usr/local/j2sdk1.4.2_18/bin ...)
文法書式目次に戻る.
コメント文: 行頭に%を記述するとコメント文となり,行が無視される. 環境: 環境Xは以下に表記します. \begin{X} ... ... \end{X} オプション,引数: 環境の属性を変更するにはオプションと引数があります. オプションは,[..., ...]で記述し, 引数は,{..., ...}で記述します. オプションを環境名の次ぎに書きます. 例: \begin{minipage}[t]{4cm} ミニページ環境 \end{minipage}
利用者マクロ目次に戻る.
利用者が独自にTex命令を定義します. 注意: \begin{multicols}があると,それまで定義した\newcommand{cmd} は無効になり,再定義しなくてはならない. 例:3/4を表示する. \newcommand{\btf} {\small {\raisebox{0.7ex}[1ex][0ex]{\footnotesize 3}} {\kern-1.8ex/}\kern-1.2ex{\raisebox{-0.5ex}[1ex][0ex]{\footnotesize 4}}} 1. \newcommand{cmd}[args]{def} cmdは命令の名称で先頭は\からはじまる. 命令は英字で数字が入るとエラーになる. 例: \newcommand{\bea}{β\!$_1$} <-- 良い \newcommand{\be1}{β\!$_1$} <-- 悪い,コンパイルエラーが出ないから注意! argsは引数の数1〜9までを記述します. 引数は{def}内で#1〜#9として引用されます. defはcmdが置き換わる定義文を記述します. 例:tgifで絵文字を作成し,挿入する. \newcommand{\fcr}{\raisebox{-4pt}{ \includegraphics[width=3mm]{arrow.eps}}} 図 例: \newcommand{\sita}[1]{$_{\mathrm{#1}}$} 本文 その他の重要なチャネル機能にI\sita{K(ACh)}, 例: ボールド・イタリック体(マクロ) / \newcommand{\bi}[1]{\ensuremath{\boldsymbol{#1}}} 本文 / \bi{a}, \bi{A}, \bi{1}, \bi{\alpha}, \bi{\Alpha} 2.\renewcommand{cmd}[args]{def} \newcommandと同じで命令を再定義します. 3. \def cmd{def} 又は,\def cmd#0#1...#n{def} \newcommandまたは\renewcommandと同じであるが, すでに命令が定義されていてもエラーは生じず, 強制的に定義される.そのため簡便で便利. 例: ¥は\def\yen{Y\llap=} として,2,300{\yen}です. と記述する. ℃は \def\deg{\char'27\kern-.2em\hbox{C}} として, 2,300{\deg}だ. と記述する. Resisterdtextを○にRとする. 少し大きい \def\maruR{$^{\hbox to 0pt{\scriptsize R}{\kern -0.2em}\lower0.3ex\hbox{○}}$\:} 小さくすると \def\maruR{\,\raisebox{0.7ex}[0.0ex][0ex] {$^{\hbox to 0pt{\tiny R}{\kern -0.1em}\lower0.2ex\hbox{\scriptsize ○}}$}\:} 別解: \def\maruR{\kern-.1em{\raisebox{2pt}{$^\circledR$}}} 使用時,{\maruR}とすると安全. \def\dVdQ{$\rm{\dot{V}/\dot{Q}}\ $} 使用時, \dVdQ diagramをもちいた 結果: \def定義で数式に強制的に空白(\ )を挿入している. これが無いと,diagramの前に空白が作成されない.
カウンター目次に戻る.
カウンター作成は\newcounter{カウンター名}を使用する. 足し算は\addtocounter{カウンター名}{n},\stepcounter{カウンター名} 引き算は,-1を加算. かけ算は,\multiply \カウンター名 by n わり算は,\divide \カウンター名 by n カウンターに数値を代入するには, \newcounter{TI} \setcounter{TI}{8} と,カウンター名TIを宣言し,続いて\setcounter命令を記述する. カウンターの表示は \theカウンター名 例:\uref命令で文献番号を上付きで表示し,カウントアップする. \newcounter{ref} \addtocounter{ref}{1} \newcommand{\uref}{ $^{\theref)}$ \addtocounter{ref}{1} } 例:チャペター番号に式番号を付けるには \renewcommand{\theTI}{\addtocounter{TI}{1} \arabic{TI}.} \renewcommand{\theequation}{\arabic{TI}.\arabic{equation}} \setcounter{equation}{0} とする. 式番号の引用は, \begin{align} E=\frac{d\psi}{dx} \end{align} でよい.
ほげマクロ目次に戻る.
ほげマクロ:ほげを100回書き込む. texの@forを使用するため, \makeatletter ... \makeatother で囲む必要がある. \@tempcntaは変数名 \makeatletter \def\hoge{ \@tempcnta=\z@ \@whilenum \@tempcnta<100\do{ ほげほげ\advance\@tempcnta\@ne}. } \makeatother
ページ(ノンブル)目次に戻る.
ノンブルはフランス語数字を意味する'nombre'から来ている. 英語ならnumber. また,柱は\capterと\sectionを示すペ−ジ上下のヘッダ−を意味する. 本を綴じる部分を「のど」,小口(こぐち)は綴じる部分以外を 示し,上部なら天小口,下部なら地小口,中央は前小口と呼ぶ. \pagestyle{style} ページスタイルを指定する. style 機能 plain ヘッダーなし,ページ番号は下中央 empty ヘッダーなし,ページ番号なし. headings ヘッダーに文字列とページ番号 myheadings headingsと同じ. 例: \pagestyle{empty} \begin{document} ... \end{document} ★ 左右にヘッダとページ番号を区別する. \pagestyle{myheadings} \chapter{古典熱力学} \markboth{\thechapter\ 古典熱力学}{\small 麻酔科医のための熱力学} \renewcommand{\thepage}{\scriptsize --\arabic{page}--} ページ数のフォントとスタイルの設定は, \pagenumbering{num_style} num_styleは以下の指定ができる. arabic アラビア数字 roman ローマ数字の小文字 Roman ローマ数字の大文字 alph 小文字のアルファベッド Alph 大文字のアルファベッド フォントサイズの指定は,? \renewcommand{\thepage}{--\roman{page}--} ★ 爪(インデックス)を含む装飾ページ作成 fancyhdr.sty 見出し ★ 特定ページだけのページスタイルの変更 \thispagestyle{<page_style>} \pagestyle{<page_style>} myheadings \markright{<偶数頁に出力する要素>} か \markboth のいずれかによりヘッダーの要素 (\leftmark, \rightmark) を決める.
ページ(2)目次に戻る.
\pagestyle{headings}の場合: \def\ps@headings{% <ページスタイルの定義内容> } が参照される. @oddhead 奇数ヘッダ \@oddfoot 奇数フッタ \@evenhead 偶数ヘッダ \@evenfoot 偶数フッタの四つを最低でも定義しなければなりません. もっともシンプルな empty スタイルは次のように定義されています. \def\ps@empty{% \let\@mkboth \@gobbletwo \let\@oddhead \@empty \let\@oddfoot \@empty \let\@evenhead \@empty \let\@evenfoot \@empty }
爪掛け目次に戻る.
参照:tex thumb index おまけとして爪掛け (thumb-index) のあるページスタイルを考えてみます. 爪は奇数ページだけに出力するものとし,爪部分は白色で章番号を, 爪の背景は黒で,章番号に応じて爪の位置を下げるという事を 実現することを考えます.簡単のために picture 環境を使って 領域 0 の要素を追加します.今回は裁断における綴じの誤差が 出ることを予想して,偶数ページには爪を表示させません. まずは爪を表示させる汎用的なマクロ \page@tume を次のように定義します. 爪は 本文 (\mainmatter の後) にだけ表示すれば良いので \if@mainmatter で判断をします. \def\page@tume{% \if@mainmatter \setlength\unitlength{1truecm}% \begin{picture}(0,0)% \put(1,-\value{chapter}){% \makebox(0,0)[tl]{\rule{1truecm}{1truecm}}}% \put(1,-\value{chapter}){% \makebox(0,-.4)[tl]{% \textcolor{white}{\hb@xt@ 1truecm{\hfil\sffamily\thechapter\hfil}}}}% \end{picture}% \fi } しかし,このままでは章番号がどんどん増えて行くとページの下端を はみ出して最終的にはあっちの世界に旅だってしまうので, 適当な場所で折り返します. これは (\textwidth -1truecm)/1truecm で等によって算出することが 出来るの (今回の場合は一つの爪が 1cm で構成される) で, \newcount\cnt@tume \AtBeginDocument{% \cnt@tume=\textheight \setbox0=\hbox{\vrule width 0pt height 1truecm}% \@tempcnta=\ht0 \advance\cnt@tume -\@tempcnta \divide \cnt@tume \@tempcnta } として \cnt@tume に適当な上限値を与えます.とりあえず, 上限値を越える章番号 (\c@chapter) に関しては, 上限値 (cnt@tume) で割った余りで出力すれば良いので, \newcount\cnt@tume@no \def\get@tume@num{% \@tempcnta=\c@chapter \@whilenum \@tempcnta>\cnt@tume \do{\advance\@tempcnta -\cnt@tume}% \cnt@tume@no=\@tempcnta } として現在の章に応じた余り (\cnt@tume@no) を求めるマクロ \get@tume@num を定義します.このようにして \cnt@tume (これはプリアンブルなどに配置すると良いが,ページレイアウトを 変更するコマンドと \cnt@tume@no を求める準備が出来たならば, 先程の \page@tume を次のように書き換えます. \def\page@tume{% \if@mainmatter \setlength\unitlength{1truecm}% \begin{picture}(0,0)% \get@tume@num % ここで \cnt@tume@no を求める \put(1,-\the\cnt@tume@no){% \makebox(0,0)[tl]{\rule{1truecm}{1truecm}}}% \put(1,-\the\cnt@tume@no){% \makebox(0,-.4)[tl]{% \textcolor{white}{\hb@xt@ 1truecm{\hfil\thechapter\hfil}}}}% \end{picture}% \fi ヘッダが書き出される度に \get@tume@num が呼び出されて不経済ですが, 今回はこれで妥協しましょう.全体をまとめると次のようになります. \documentclass{book} \usepackage[dvips]{color} % \makeatletter \newcount\cnt@tume % 折り返し地点 + 1 \newcount\cnt@tume@no % 実際に爪を出力すべき位置 % \def\@prechaptername{第} \def\@postchaptername{章} % \cnt@tume を \textheigth により求める \AtBeginDocument{% \cnt@tume=\textheight \setbox0=\hbox{\vrule width 0pt height 1truecm}% \@tempcnta=\ht0 \advance\cnt@tume -\@tempcnta \divide \cnt@tume \@tempcnta } % \cnt@tume@no をそのときの \c@chapter により求める \get@tume@no \def\get@tume@num{% \@tempcnta=\c@chapter \@whilenum \@tempcnta>\cnt@tume \do{\advance\@tempcnta -\cnt@tume}% \cnt@tume@no=\@tempcnta } % 実際に爪を表示するためのマクロ \page@tume \def\page@tume{% \if@mainmatter \setlength\unitlength{1truecm}% \begin{picture}(0,0)% \get@tume@num \put(1,-\the\cnt@tume@no){% \makebox(0,0)[tl]{\rule{1truecm}{1truecm}}}% \put(1,-\the\cnt@tume@no){% \makebox(0,-.4)[tl]{% \textcolor{white}{\hb@xt@ 1truecm{% \hfil\sffamily\thechapter\hfil}}}}% \end{picture}% \fi } % \chapter のあるページにおけるスタイル \page@tume を \@oddhead に追加 \def\ps@plain{% \let\@mkboth \@gobbletwo \def\@oddhead{\reset@font \hfil \thepage\page@tume}% \let\@oddfoot \@empty \let\@evenhead \@empty \let\@evenfoot \@oddfoot } % 主となるページスタイル \def\ps@headings{% \let\@oddfoot=\@empty \let\@evenfoot=\@empty \def\@evenhead{\underline{\hb@xt@ \textwidth{\thepage \hfil \leftmark}}}% \def\@oddhead{\underline{% \hb@xt@ \textwidth{\rightmark \hfil \thepage}}% \page@tume}% \@oddhead の最後に爪を追加 \let\@mkboth=\markboth \def\chaptermark##1{% \markboth{% \ifnum \c@secnumdepth >\m@ne \if@mainmatter \@prechaptername \thechapter \@postchaptername \hskip 1zw \fi \fi ##1}{}% }% \def\sectionmark##1{% \markright{% \ifnum \c@secnumdepth >\z@ \if@mainmatter \thesection \hskip 1zw \fi \fi ##1}% }% } \makeatother \pagestyle{headings} \begin{document} 参考URL: メモ帳/TeXマクロ4 Poor man’s thumb indices in LaTeX
\input目次に戻る.
input文の例:A4版 vi /home/tanaka/tex/a4.tex %file name: a4.tex %A4立て置き:立て297mm 横210mm \documentstyle[12pt,twocolumn]{jarticle} %空白部分 \topmargin=-1in \addtolength{\topmargin}{25mm} \oddsidemargin=-1in \addtolength{\oddsidemargin}{25mm} \textwidth=210mm \addtolength{\textwidth}{-50mm} \textheight 297mm \addtolength{\textheight}{-50mm} %その他 \headheight 0mm \headsep 0mm \footskip 0mm \footheight 0mm \pagestyle{empty} % %インデントマクロ命令 \newenvironment{indention}[1]{\par \addtolength{\leftskip}{#1} \begingroup}{\endgroup\par} B5版例: vi /home/tanaka/tex/b5.tex %file name: b5.tex %B5立て置き:立て257mm 横182mm \documentstyle[12pt,twocolumn]{jarticle} %空白部分 \topmargin=-1in \addtolength{\topmargin}{25mm} \oddsidemargin=-1in \addtolength{\oddsidemargin}{25mm} \textwidth 182mm \addtolength{\textwidth}{-50mm} \textheight 257mm \addtolength{\textheight}{-50mm} %その他 \headheight 0mm \headsep 0mm %\footskip 0mm \footheight 0mm \pagestyle{empty} % %インデントマクロ命令 \newenvironment{indention}[1]{\par \addtolength{\leftskip}{#1} \begingroup}{\endgroup\par}
\usepackage目次に戻る.
\usepackageはLatex2e命令. \documentclassの直後に記述し,パッケージを読み込む. 書式: \usepackage[パッケージオプション]{パッケージ名} 例: \documentclass[12pt]{jarticle} \usepackage[dvips]{graphicx,color} \begin{document} ... \end{document} 旧Latex209のスタイル読み込みも出来る. \documentclass[12pt]{jarticle} \usepackage{epsbox} \begin{document} ここに原稿を書く. ... \begin{figure}[h] \begin{center} \psbox[height=15cm,width=15cm]{b.eps} \end{center} \caption[f_e]{学内ネット概要\\ 本学のイントラネット敷設を示す.} \end{figure} \end{document}
改行,左端,中央,右端目次に戻る.
改行: 行の右端で\\を記述 最終行は\\を記述してはならない. 左端: \begin{flushleft} 平成10年6月14日 \end{flushleft} 中央: \begin{center} オーダリングシステムに期待するもの.\\ 京都府立医科大学\\ 田中 義文,橋本 悟, \end{center} 右端: \begin{flushright} 早々 \end{flushright} プリミティブを使った命令は行間の調整ができる: 左端: {テキスト \hfill} または \hbox to \textwidth{テキスト \hfill} 中央: \centerline{テキスト} 例: \centerline{\small \gt はじめに} または \hbox to \textwidth{\hss テキスト \hss} 右端: {\hfill テキスト} または \hbox to \textwidth{\hfill テキスト}
箇条書き目次に戻る.
☆ 番号付き箇条書きは引用文献などに利用できる. \begin{enumerate} \baselineskip=4.2mm \item 文章1 \item 文章2 \end{enumerate} 始めに,1,2,3,途中に通常文を記入し,その後に4,5,6...と箇条書きを 行うには, 箇条書きカウンターを変更させて,新しい環境Enumerateを作る. \newcounter{Enumerate} \newenvironment{Enumerate}{ \begin{enumerate} \setcounter{enumi}{\value{Enumerate}}}{ \setcounter{Enumerate}{\value{enumi}} \end{enumerate}} % スペースを少なくするには ----------- \newcounter{enum2} \newenvironment{enumerate2}{% \begin{list}% {% \arabic{enum2}.\ \,% 見出し記号/直後の空白を調節 }% {% \usecounter{enum2} \setlength{\itemindent}{0zw}% ここは 0 に固定 \setlength{\leftmargin}{1zw}% 左のインデント \setlength{\rightmargin}{0zw}% 右のインデント \setlength{\labelsep}{0zw}% 黒丸と説明文の間 \setlength{\labelwidth}{3zw}% ラベルの幅 \setlength{\itemsep}{0em}% 項目ごとの改行幅 \setlength{\parsep}{0em}% 段落での改行幅 \setlength{\listparindent}{0zw}% 段落での一字下り } }{% \end{list}% } ☆ 記号を行頭にする箇条書き % スペースを少なくするには ----------- \newenvironment{itemize2}% {% \begin{list}{$\bullet$\ \ }% 見出し記号/直後の空白を調節 {% \setlength{\itemindent}{0pt} \setlength{\leftmargin}{1zw}% 左のインデント \setlength{\rightmargin}{0zw}% 右のインデント \setlength{\labelsep}{0zw}% 黒丸と説明文の間 \setlength{\labelwidth}{3zw}% ラベルの幅 \setlength{\itemsep}{0em}% 項目ごとの改行幅 \setlength{\parsep}{0em}% 段落での改行幅 \setlength{\listparindent}{0zw}% 段落での一字下り } }{% \end{list}% }
インデント目次に戻る.
インデントしない. \parindent 0zw 全角1文字インデントする. \parindent 1zw
ミニページ目次に戻る.
ミニページは1行の長さが,引数widthで指定した小さなページを作る. ページ番号,ヘッダーは付かない. \begin{minipage}[pos]{width} text \end{minipage} [pos]にtを指定すると,最初の行の高さが一致し,bを指定すると 最後の行が一致する. \documentclass[epsbox,12pt]{jarticle} \begin{document} \begin{center} \parindent 0zw 要旨 \medskip \begin{minipage}[t]{100mm} \parindent 1zw これは論文の要旨です.これは論文の要旨です.これは論文の要旨です. これは論文の要旨です.これは論文の要旨です.これは論文の要旨です. \end{minipage} \end{center} \medskip これは論文の本文です.これは論文の本文です.これは論文の本文です. これは論文の本文です.これは論文の本文です.これは論文の本文です. これは論文の本文です.これは論文の本文です.これは論文の本文です. これは論文の本文です.これは論文の本文です.これは論文の本文です. \end{document}
枠で囲む目次に戻る.
1) 枠はpicture環境のfboxを使用する.複数行にまたがる場合, shortstackを使用する. 例: \begin{picture}(30,30) \put(0,0){\fbox{ \shortstack[l]{ pack .quit .name -side left -in .fh0\\ pack .fh0 }}} \end{picture} 2) boxedminipageを使用する. プレアンブルに \usepackage{boxedminipage} を宣言する. \begin{boxedminipage}{50mm} \begin{verbatim} L1 L2 L3 C3 C1 T T T Phe F T T C Phe F T T A Leu L \end{verbatim} \end{boxedminipage}
ソースファイル目次に戻る.
プログラムソースファイルなど文字とおりに表示させるには, \begin{verbatim} .... .... \end{verbatim}
網掛け目次に戻る.
網掛けは \usepackage{ascmac} を用いる. \mask{文字列}{パターン} で,パターンは大文字のA〜Kまで用意されている. 例: \mask{網掛け}{A} 注意: 文字列は数式でもよいが,$$...$$などの数式行はだめ. また,マスクの中にマスクが指定できる. 1行として解釈するから,複数行の指定はできない.
フロート目次に戻る.
表や図の表示をページの上下などに指定するために 出力位置が指定できる. \begin{table}[htbp] ... \end{table} \begin{figure}[htbp] ... \end{figure} オプション h ここ,t 上,b 下,p フロートオブジェクトだけのページ
グルー目次に戻る.
LaTeXは最適配置にするために自動的に空間(グルー)を作成する. グルー命令 \baselineskip \lineskiplimit \lineskip \vglue \vskip \vspace \vfill \vfilneg \vss \smallskip \medskip \bigskip \topskip \footskip \parskip \abovedisplayskip \abovedisplayshortskip \belowdisplayskip \splittiopskip \nointerlineskip \offinterlineskip
箇条書き目次に戻る.
見出し付き箇条書き(description) \begin{description} \item[運動の第一法則]慣性の法則のことです. \item[運動の第二法則]運動方程式のことです. \item[運動の第三法則]作用反作用の法則のことです. \end{description} 見出しの後に改行 \begin{description} \item[運動の第一法則]\mbox{}\\ 慣性の法則のことです.運動方程式が成り立つ座標系を慣性系と言います. 多くの場合,地球に固定された座標系(実験室系)が良い近似として使われま す. \item[運動の第二法則]\mbox{}\\ 運動方程式のことです. \item[運動の第三法則]\mbox{}\\ 作用反作用の法則のことです. \end{description} 番号のない箇条書き(itemize 環境) \begin{itemize} \item レポートとは何か \item レポートの必要十分条件 \begin{itemize} \item 事実の記述 \item 証拠・証明 \end{itemize} \end{itemize} 箇条書きの記号を任意の記号にしたい場合は, \item[任意の記号] と命令します. \begin{itemize} \item[★] レポートとは何か \item[▲] レポートの必要十分条件 \end{itemize} 番号付きの箇条書き(enumerate 環境) \begin{enumerate} \item レポートとは何か \item レポートの必要十分条件 \begin{enumerate} \item 事実の記述 \item 証拠・証明 \end{enumerate} \end{enumerate} 注意: \begin{enumerate} \baselineskip=4.6mm \setlength{\parskip}{0.2cm} % 段落間 \setlength{\itemsep}{0cm} % 項目間 \item 言語が読みやすいこと, \item すぐに実行できること, \item 仕様の変更や拡張が容易であること, \end{enumerate} \vspace{-3.0mm} などがあげられよう. とすると行間,段落間,項目間のスペースが調節できる. enumerateは項目の左端に空白があるが, \begin{enumerate2} ... ... \end{enumerate2} とすると空白はなくなる.しかし,小項目は 別の文字に代えられない. %------------------ 箇条書き -------------------- \newenvironment{itemize2}% {% \begin{list}{$\bullet$\ \ }% 見出し記号/直後の空白を調節 {% \setlength{\itemindent}{0pt} \setlength{\leftmargin}{1zw}% 左のインデント \setlength{\rightmargin}{0zw}% 右のインデント \setlength{\labelsep}{0zw}% 黒丸と説明文の間 \setlength{\labelwidth}{3zw}% ラベルの幅 \setlength{\itemsep}{0em}% 項目ごとの改行幅 \setlength{\parsep}{0em}% 段落での改行幅 \setlength{\listparindent}{0zw}% 段落での一字下り } }{% \end{list}% } %---------- 番号つき箇条書き ----------- \newcounter{enum2} \newenvironment{enumerate2}{% \begin{list}% {% \arabic{enum2}.\ \,% 見出し記号/直後の空白を調節 }% {% \usecounter{enum2} \setlength{\itemindent}{0zw}% ここは 0 に固定 \setlength{\leftmargin}{4.5mm}% 左のインデント \setlength{\rightmargin}{0zw}% 右のインデント \setlength{\labelsep}{0zw}% 黒丸と説明文の間 \setlength{\labelwidth}{3zw}% ラベルの幅 \setlength{\itemsep}{0em}% 項目ごとの改行幅 \setlength{\parsep}{0em}% 段落での改行幅 \setlength{\listparindent}{0zw}% 段落での一字下り } }{% \end{list}% } enumerate環境 \usepackage{enumerate} を使用すると,オプションで番号の修飾ができる. \begin{enumerate}[1)] \setlength{\itemsep}{-1mm} % 項目間 \item a \item b \item c \end{enumerate}
目次に戻る.
色の設定: \usepackage{color} 色文字: \color[named]{Red} 赤色の文字になる. \normalcolor 元の黒色に戻す. 注意:色名称 /usr/share/texmf/tex/latex/graphics/dvipsnam.def に記載されている. 文字の背景に色を着ける \colorbox[named]{Yellow}{ This is a test of colorbox. } 注意:1行と解釈される.パララグラフには 使えない. パララグラフに色づけするには \parbox{7cm}{ パララグラフ } などで囲む. 注意:2段組などで使用する場合: \colorboxは1行と解釈するから,始めに\minipageで範囲を作成し, 次に\colorboxで背景色を指定し,その中に再度\minipage環境を 作成してからドキュメントを記述する. 例: \noindent \begin{minipage}[t]{70mm} \colorbox[named]{Gray}{ \begin{minipage}[t]{70mm} \parindent 1zw これは論文の要旨です.これは論文の要旨です.これは論文の要旨です. これは論文の要旨です.これは論文の要旨です.これは論文の要旨です. \end{minipage} } \end{minipage} 文字の背景に色を着け,さらに色付きの枠で囲む \fcolorbox[named]{Brown}{Yellow}{ This is a test of fcolorbox. } verbatim環境で背景に色をつける.(背景にすき間があく) \documentclass{article} \usepackage{fancyvrb} \usepackage{color} \renewcommand{\FancyVerbFormatLine}[1]{\colorbox{yellow}{#1}} \begin{document} This is before verbatim. \begin{Verbatim} Verbatim line 1 Verbatim line 2 Verbatim line 3 \end{Verbatim} This is after verbatim. \end{document}
るび作成目次に戻る.
\documentstyle[11pt,prruby]{jarticle} \input{/home/tanaka/tex/a4} \begin{document} \ruby{漢字}{かんじ} \end{document} :w :!jp a
傍点目次に戻る.
プリアンブルに \usepackage{plext} と入力し, 傍点を打ちたい文字に \bou{テキスト} と入力する. 傍点のキャラクタを変更する場合は プリアンブルに \def\boutenchar{.} と入力しておく. 注意! \usepackage{plext}を宣言すると\tabular (表)でエラーが 発生する.
TTY出力目次に戻る.
テキストファイルを直接出力する. マクロ名:misc.sty \verbfile{aw1.txt} 又は, \begin{obeylines} ここに入力する. \end{obeylines} 注意:\obeylinesでは複数のspaceやtabが スペース1字として解釈される.また行頭のスペースは表示されない. verbfiles.styを使用すると,複数のspaceが利用 できるが,tabは利用できない. マクロ名:verbatimfiles.sty 設定先:/usr/local/share/texmf/tex/generic/misc/ \documentstyle[11pt,prruby,verbatimfiles]{jarticle} \begin{document} \verbatimfile{file.txt} \end{document}
特殊文字の表示目次に戻る.
☆ 数学の大小比較ではない角括弧を書くには, rlangle環境を作成: {\catcode`<=\active \catcode`>=\active \gdef\rlangle{\catcode`<=\active \catcode`>=\active \def<{$\langle$}\def>{$\rangle$}}} 次に, \begin{rlangle} <あいうえお> \end{rlangle} 結果: ☆ ウムラウト \"{a} ☆ 改行記号 \usepackage{ascmac,color} \return {\color{red}\return} ☆ ¥記号 \usepackage{ascmac,color} \yen{\color{red}\yen} ☆ keytop記号 \usepackage{ascmac,color} \verb|keytop| \keytop{A} \keytop{a} \keytop{ABcd} {\color{yellow}% \keytop{A} \keytop{a} \keytop{ABcd}} ☆ keycap1記号 \usepackage{ascmac,color} \keytop{$\tilde{}$} \keytop{!} \keytop{@} \keytop{\#} \keytop{\$} \keytop{\%} \keytop{$\land$} \keytop{\&} \keytop{*} \keytop{(} \keytop{)} %\keytop{$\underline{\x81}$} \keytop{$\underline{ a}$} \keytop{+} アンダーラインは全角空白の次にaを挿入した.任意の文字列が使用できる. ☆ ハイフォンは,---と--がある. 日本語では---を使用,英数字では--を使用する. あ---い, a--b ☆ は, \newcommand{\circm}{\circ \kern -5.4pt -} と定義してから使用する. ☆ 2文字以上のスペースは\ \ と書く. または全角空白フォント ' 'を使用する. 例:田中\ \ 義文 ☆ # $ % & ~ _ ^ { }の表示は,\を始めに付ける. 但し,~は次の文字のアクセントのように表記されるため, \,$\tilde{ }$\,Taijuのように空白の上に乗せる. \,は文字間のスペース確保のために使用する. ☆ ダブルクォートはシングルクォートを続ける. 長いダッシュは-記号を2つ,3個と続ける. ☆ 逆スラント\は{\tt\symbol{92}}と記述する. 逆スラント\が多い場合は命令\Rを作成する. \def\R{{\tt\symbol{92}}} 例: Program Files\R PostgreSQL\R 8.0\R data =, <, >などの関係記号は数式文字であるから, $<$などのように$で囲む. *は$\ast$ ±は$\pm$ 直線表示 --------- \hrulefill ............... \dotfill が利用できる.但し数式の中での使いかた? tabularを使う. \vspace{2mm} \begin{tabular}{p{6.5cm}} $Φ(γ)=\frac{1}{2}β(γ^2+\frac{2}{3}αγ^3)${\dotfill}\丸数字{1} \end{tabular} 結果: ☆ ¥は\def\yen{Y\llap=} として,2,300{\yen}です. と記述する. ☆ ℃は \def\deg{\char'27\kern-.2em\hbox{C}} として, 2,300{\deg}だ. と記述する. ☆ ギブスの標準自由エネルギーは数式で $\mit\Delta G^\circ$ ☆ 丸の中にcは\copyright ☆ 上付き丸の中にRは \def\maruR{\kern-.1em{\raisebox{2pt}{$^\circledR$}}} ☆ 丸の中に数字は\def命令で行う. \def\maru#1{#1\kern-.75em\raise0.1ex\hbox{$\bigcirc$}} 呼出法:\maru{1} \def\丸数字#1{{\ooalign {\hfill$\scriptstyle#1$\hfill\crcr$\bigcirc$}}} %呼出法: \丸数字{92} \LARGE\丸数字{2} \LARGE\丸数字{92} \LARGE\丸数字{192} \LARGE\丸数字{1092} 2桁までが実用になる. 丸数字が少々下がって表示される場合, \def\丸数字#1{\raisebox{1pt}[1ex][1ex]{{\ooalign {\hfill$\scriptstyle#1$\hfill\crcr$\bigcirc$}}}} と\raisebox{}を使用する. さらに,フォント間のすき間を広げると, \def\丸数字#1{\,\raisebox{0.3ex}[1ex][0ex]{{\ooalign {\hfill$\scriptstyle#1$\hfill\crcr$\bigcirc$}}}\,} ☆ 式と行末の式番号の空間を...で埋めたい. \newcommand{\cdotfill}{ \leavevmode \cleaders \hbox{…}\hfill} ☆ < >, [ ]などの数学文字をtype体で表示するには, {\tt<\ >\ [\ ]}とする. 10進法char文字表(8進'27は10進で23となっている)
αβγ目次に戻る.
日本語2バイトフォントでギリシャ文字は表示可能. 正しくは, ギリシャ文字シンボルは数式指定を行なった時に動作する. 例:小文字のaとαが中央表示. \[ a\alpha \] ギリシャ文字斜体(イタリック)は\mitを付ける. $ \mit \Gamma $ アルファ Αα A \alpha ベータ Ββ B \beta ガンマ Γγ \Gamma \gamma デルタ Δδ \Delta \delta イプシロン Εε E \epsilon ゼータ Ζζ Z \zeta イータ Ηη H \eta シータ Θθ \Theta \theta イオタ Ιι I \iota カッパ Κκ K \kappa ラムダ Λλ \Lambda \lambda ミュー Μμ M \mu ニュー Νν N \nu グザイ Ξξ \Xi \xi オミクロン Οο O o パイ Ππ \Pi \pi ロー Ρρ P \rho シグマ Σσ \Sigma \sigma タウ Ττ T \tau ユプシロン Υυ \Upsilon \upsilon ファイ Φφ \Phi \phi カイ Χχ X \chi プサイ Ψψ \Psi \psi オメガ Ωω \Omega \omega 注意:ギリシャ文字の後にアルファベットがあると texは理解できない.それを防止するために半角スペースまたは{}で括る. 丸の中にR \circledR 参考: 数式記号
アンダーライン目次に戻る.
\underline{text} \underline{        }\\ \underline{       様}\\ オーバーライン \overline{...}
フォントPKG目次に戻る.
参考: OTF パッケージ フォントファイルには拡張子tfmとpkがある.tfmはメトリックファイルと呼ばれ, フォントの寸法を定め,texが使用する.pkはフォントの字形を定め,dviなど tex印字ドラ−バ−が使用する. フォント設定場所: /opt/teTeX/share/texmf/packages /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/bookman /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/helvetic /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/palatino /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/times /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/symbol /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/avantgar /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/zapfding /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/courier /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/mathppl /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/pslatex /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/ncntrsbk /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/adobe/zapfchan /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/ams/cmextra /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/ams/cyrillic /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/ams/euler /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/ams/symbols /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/hoekwater/context /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/lettrgth /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/helvetic /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/times /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/albertus /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/wingding /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/symbol /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/clarendo /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/optima /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/garamond /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/coronet /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/courier /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/univers /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/atqolive /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/timesnew /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/cg/marigold /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/jknappen/tc /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/latex /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/qpx /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/cmbright /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/misc /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/cmextra /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/eurosym /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/eulervm /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/antt /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/txfonts /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/omega /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/wasy /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/ecc /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/euxm /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/cs /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/vnr /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/dstroke /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/stmaryrd /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/marvosym /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/urwvn /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/lm /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/cm /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/ae /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/xypic /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/mflogo /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/gothic /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/rsfs /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/qfonts /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/concrete /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/pazo /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/qtx /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/bbm /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/cmcyr /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/concmath /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/pxfonts /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/pl /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/antp /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/bbold /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/public/cc-pl /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/yandy/mathpi /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/yandy/times /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/yandy/mathplus /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/yandy/mathtime /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/bitstrea/charter /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/bh/lucidfax /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/bh/lucsans /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/bh/lucida /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/bh/lumath /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm/bh/lubright /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/tfm /opt/teTeX/share/texmf/fonts/tfm/public/txfonts /opt/teTeX/share/texmf/fonts/tfm/ptex /opt/teTeX/share/texmf/fonts/tfm/ascgrp /opt/teTeX/share/texmf/fonts/tfm /opt/teTeX/share/texmf/packages/otfstable/tfm /opt/teTeX/share/texmf/packages/utfsrc/tfm /opt/teTeX/bin/mktextfm /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts/pk /opt/teTeX/share/texmf-dist/dvips/tetex/config.pk /opt/teTeX/share/texmf-dist/dvips/tetex/config.gsftopk /opt/teTeX/share/texmf/dvips/gsftopk /opt/teTeX/bin/mktexpk /opt/teTeX/bin/gftopk /opt/teTeX/bin/ps2pk /opt/teTeX/bin/gsftopk ---------------------------------------------------------- 2009年 6月 3日 水曜日 01:10:43 JST UTF, CIDテスト用ソース: %%% -*- mode: yatex; Coding: iso-2022-jp; Encoding: ISO-2022-JP -*- \documentclass{jsarticle} \usepackage{otf} \begin{document} 森\UTF{9DD7}外と内田百\UTF{9592}とが\UTF{9AD9}島屋に行くところを想像した. \CID{7652}飾区の\CID{13706}野屋 \end{document} コンパイル: platex c1 xdvi c1 dvipdf c1 acroread c1.pdf 2014年 5月 4日 日曜日 07:45:56 JST 結果: \UTFは全て表示されるが,\CID{7652},\CID{13706}は表示されない. ---------------------------------------------------------- 2009年 6月 3日 水曜日 01:10:43 JST acroreadでも表示されないテストソース %%% -*- mode: yatex; Coding: iso-2022-jp; Encoding: ISO-2022-JP -*- \documentclass{jarticle} \usepackage{otf} \begin{document} Adobe-Japan1-5で追加された文字を使った例 \begin{itemize} \item 「\゜か」,「\゜き」,「\゜く」,「\゜け」,「\゜こ」, 「\゜カ」,「\゜キ」,「\゜ク」,「\゜ケ」,「\゜コ」は鼻濁音を表す. \item Macintosh用キーボードの\UTF{2318}(Command key)を押す. \item \UTF{2672}を心がけよう. \end{itemize} Adobe-Japan1-6で追加された文字を使った例 \begin{itemize} \item ほげほげ番組\CID{20556} \item ほげほげフェスティバル\CID{20656} \item \CID{20939}(Bq: becquerel)は放射能の強さを表す単位である. \item フラーレン(fullerene) C$_{60}$は サッカーボール状(\CID{20957})の構造をしている. \item \UTF{9B87}とは岩魚(イワナ)のことであり,嘉魚とも書く. \end{itemize} \end{document} Acrobat 8をインストールすることにより見えるようになった. 2014年 5月 4日 日曜日 07:29:10 JST 表示結果: \UTF{2318}はxdviでは表示されるが,acroreadでは表示されない. \UTF{2672}はxdvi,acroread共に表示されない. \CID{20556}, \CID{20656},\CID{20957}はxdvi,acroread共に表示される. \UTF{9B87}はxdvi,acroread共に表示されない. シンボリックリンク: /opt/teTeX/share/texmf/fonts/opentype ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/AdobePiStd.otf AdobePiStd.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/CourierStd-Bold.otf CourierStd-Bold.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/CourierStd-BoldOblique.otf CourierStd-BoldOblique.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/CourierStd-Oblique.otf CourierStd-Oblique.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/CourierStd.otf CourierStd.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/MinionPro-Bold.otf MinionPro-Bold.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/MinionPro-BoldIt.otf MinionPro-BoldIt.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/MinionPro-It.otf MinionPro-It.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/MinionPro-Regular.otf MinionPro-Regular.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/MyriadPro-Bold.otf MyriadPro-Bold.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/MyriadPro-BoldIt.otf MyriadPro-BoldIt.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/MyriadPro-It.otf MyriadPro-It.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/Font/MyriadPro-Regular.otf MyriadPro-Regular.otf ln -s /opt/Adobe/Reader9/Resource/CIDFont/KozMinPr6N-Regular.otf KozMinPr6N-Regular.otf フォントマップ作成: cd /opt/teTeX/share/texmf/packages/otfstable/fontmap vi cid-x.map hminr-h H KozMinProVI-Regular.otf hminr-v V KozMinProVI-Regular.otf otf-ujmr-h UniJIS-UTF16-H KozMinProVI-Regular.otf otf-ujmr-v UniJIS-UTF16-V KozMinProVI-Regular.otf otf-cjmr-h Adobe-Japan1-6 KozMinProVI-Regular.otf otf-cjmr-v Identity-V KozMinProVI-Regular.otf 実行: cd /opt/teTeX/share/texmf/packages/otfstable ./makeotf cd /opt/teTeX/bin ./mktexlsr
フォント目次に戻る.
欧文基本35書体を使う方法 邦文 \mc 明朝,\gt ゴシック文字 欧文 \rm ローマン,\bf ボールド,\it イタリック \sf サンセリフ,\tt タイプライタ,\sl スランテド 命令のあとに1スペースをあける. {\gt ゴシック文字}と書くこともできる. x2+y2 ☆ 大きさを小さい順に \tiny \scriptsize \footnotesize \small \normalsize \large \Large \LARGE \huge \Huge ☆ フォントの大きさを指定. \fontsize{10cm}{12cm}\selectfont 特大文字 始めの10cmはフォントサイズ,次の12cmは行送りを指定している. 文字間の幅を8mmに設定する \spaceskip=8mm 添字(上付き,下付き) a$^{2}$ a$_{12}$ \raiseboxコマンドを使用する. \raisebox{0.5ex}{\scriptsize 上付き添字} \raisebox{-0.5ex}{\scriptsize 下付き添字} ☆ 数式のフォントサイズは 大きい順に \displaystyle, \textstyle, \scriptstyle, \scriptscriptsyte になっており,通常のフォントサイズは使用できない. ☆ 数式はイタリックであるが,イタリック太字にするには \newcommand{\bd}[1]{\mbox{\boldmath$#1$}} 数式は\(と\)とではさむ. ディスプレー数式(センターリングされる)では \[と\]ではさむ. 数式のフォントを微妙に調整するには 1. LaTeX サンプル 2. 大きさを確認する---\fbox 3. 大きさを確認する---数式環境 4. 大きさを確認する---\setbox, \wd,\ht,\dp 5. 縦横の確保---\phantom 6. 数式の記号の種類---\mathop,\mathbin,\mathrel,\mathord,\mathopen,\mathclose,\mathpunct 7. 積み重ね---\mathop 8. 積み重ね---\atop 9. 積み重ね---\genfrac 10. 積み重ね---array 11. 積み重ね---\oalign 12. 積み重ね---\ialign 13. 積み重ね---\overset, \underset 14. 積み重ね---\stackrel 15. 積み重ね---\buildrel \over 16. 左右の間隔---\kern 17. 左右の間隔---\qquad, \quad, ~, \;, \>, \:, \, , \! 18. 左右の間隔---イタリック補正 \/, 文間 \@, 単語間 ~ 19. 左右の間隔---\hskip 20. 左右の間隔---\hspace, \hspace* 21. 左右の間隔---\mspace 22. 左右の間隔---\hfill, \hss, \hspace{\fill} 23. 左右位置の調整(重ね合わせ)---\ooalign 24. 左右位置/幅の調整---\rlap, \llap, \hbox to 25. 左右位置/幅の調整---\makebox 26. 上下位置の調整---\raise, \lower 27. 上下位置/高さ/深さの調整---\raisebox 28. 高さを潰す---\smash 29. 高さを広げる---\strut, \mathstrut 30. 高さを広げる---\rule で支柱を作る 31. 高さを広げる---\rule による支柱をマクロ化 ☆任意のフォントサイズ. min10は全角明朝,cmrは半角を指定している. % atは任意の単位を記入 \font\minxa=min10 at 5mm % scaled 1150は11.tptのフォントを示す. \font\minxb=min10 scaled 0900 % 半角0.9ptを指定 \font\cmrxb=cmr10 scaled 0900 {\minxa 5mm幅のフォント} 全角,半角同時に指定するには, {\minxa\cmrxb 5mmA幅のフォント} と記述できる.
アクセント目次に戻る.
パラグラフまたはLRモード Vに上ドットは $\rm{\dot{V}}$ 数式モード 立体を使用する場合は\mathrm{x}のようにする.
矢印目次に戻る.
矢印は数式環境で行う.
矢印2目次に戻る.
矢印は数式環境で行う. 以下は\left, \rightによって大きさが変化する.
単項演算子目次に戻る.
単項演算子は数式環境で行う.
関係子目次に戻る.
2項関係子目次に戻る.
関係子は数式環境で行う. \leqと\geqは比較記号の下が1本線になる.
数式に説明文目次に戻る.
ams文中に説明文をいれるには \newcommand{\B}[1]{\quad(\because\ \text{#1)}} \newcommand{\C}[1]{\quad\cdots\text{#1}} $$ \begin{array}{r@{\;}ll} a + b &= c & \B{最初の式} \\ &= c+d+e & \B{何か代入} \\ &= f+g+h+i+j+k & \\ &= e & \B{意味のない式} \end{array} $$ \begin{equation} \left. \begin{array}{r@{\;}ll} a + b &= c & \C{最初の式} \\ &= c+d+e & \C{何か代入} \\ &= f+g+h+i+j+k & \\ &= e & \C{意味のない式} \end{array} \right\} \end{equation} などとする.
その他の記号目次に戻る.
その他の記号 フォントの位置微調整
空行,空白,改行目次に戻る.
1行空白は,空白行の次に\vspace{\baselineskip} \medskip \bigskip \vspace{値} 与えられた分だけ行間をあける \vspace*{値} 行間がページの境目になっても行間をあける \hspace{値} 与えられた分だけ横に空白をとる \hspace*{値} 空白が行の境目になっても横に空白をとる \\[値]% 与えられた分だけ改行幅をあける {注:} \vspace{6mm}は段落と段落の間で行間を調節し,\\[6mm]は強制改行の行間を調節する. 単語の途中で改行したくない場合は, \hbox{田中 太郎}のように\hboxで囲む. 改行幅を変更するには,\baselineskip 7mm 基本的にパラグラフ単位しか作動しない. そこで,ミニペ−ジを作成し,その中で指定するとよい. \noindent \begin{minipage}{70mm} \baselineskip=4.7mm .... .... .... \end{minipage} ~(ティルダ)改行を抑制して単語間に空白をあける \_(半角スペース) 半角の空白 \quad クワタ(全角空白) \qquad2つ分のクワタ \, クワタの 1/6 目次や数式番号のように行頭文字と行末文字の間をドットで埋めるには: \dotfillを使用する. 中点ドットで埋めるには:マクロ作成 \newcommand{\cdotfill}{ \leavevmode \cleaders \hbox{…}\hfill} \cdotfillを使用する. 「…」は全角,半角任意の文字で,スペース文字でも動作する. 数式中空白: \, 狭い空白(3/18), \> (4/18数式),\; (5/18数式), \ : 普通の空白, \; 幅広空白, \! 文字間隔を詰める. 数式・化学式 使用法#空白
改ページ目次に戻る.
改ページは, \pagebreak \pagebreak{値} 値によって改ページの許可を与える \nopagebreak{値} 値によって改ページを抑制する \newpage 強制的に改ページする(図表はそのまま) \clearpage 命令までの図表を全て表示して強制的に改ページする \cleardobulepage 奇数ページで始まるように強制的に改ページする
重ね書き目次に戻る.
\kern 単位 現在位置を左右にずらす. 例: aaa a\kern0.25em{a}a a\kern-0.25em{a}a \lower 単位 \hbox{...}, \raise 単位 \hbox{...} 現在位置を上下にずらす. aaa a\lower0.5ex\hbox{a}a a\raise0.5ex\hbox{a}a 注意:単位は+/-を付加するときは命令との間に空白が入っても よいが,符号がないときは空白は入れない. \llap 文字 文字を右に移動させずに重ね打ちする. abc a\llap{b}c 太字は\kernを利用すればよい. 現在位置を覚えさす方法は不明. 参考: amsmathを利用すれば上付き,下付きができる.
文字均等割り目次に戻る.
文字均等割りつけをするマクロ: \def\kintou#1#2{\hbox to#1{% \kanjiskip=0pt plus 1fill minus 1fill \xkanjiskip=\kanjiskip #2}} 麻酔記録メインプログラムNV.exeから外部 \kintou{21zw}{プログラムを起動するには,設定ファイル} 注意: zwは全角幅の単位.
章,節目次に戻る.
\chapter{状態方程式の歴史} \section{理想気体の分子量} \subsection{微分記号は割算と考えてよい.} などに区分すると自動的にデフォルトデザイン で番号表示される. 章デザインの変更は, %章タイトルデザイン変更 \makeatletter \def\@makechapterhead#1{% \vbox to 3cm{% \hrule height.5mm depth\z@ \vskip5mm \hfill {\Large\prechaptername}% {\Huge\thechapter}% {\Large\postchaptername}% \par\prevdepth-1000pt \vskip5mm {\large\bfseries\hfill#1\par}% \vss \hrule height.5mm depth\z@ }% }% \makeatother とする. \makeatletter % --- 「おまじないモード」に入る \renewcommand{\section}{% \@startsection{section}{1}{\z@}% {0.8\Cvs \@plus.0\Cdp \@minus.2\Cdp}% 上の空き {0.5\Cvs \@plus.1\Cdp \@minus.3\Cdp}% 下の空き {\reset@font\large\bfseries}}% 字の大きさ \makeatother % --- 「おまじないモード」から抜ける を\begin{document}の直前にしておくとよい. (引用;http://www.damp.tottori-u.ac.jp/~ooshida/tex/)
カウンタ目次に戻る.
カウンタ名 カウントするもの part パート番号 chapter 章番号 section 節番号 subsection 小節番号 subsubsection 小々節番号 paragraph 小々々節番号 subparagraph 小々々々節番号 page ページ番号 footnote 脚注番j号 figure 図番号 table 表番号 equation 数式番号 新しいカウンター(TI)を作成: \newcounter{TI} カウンター(TI)を表示: \theTI または \arabic{TI} カウンター(TI)を1つ増加させて表示, コンマを付ける: \renewcommand{\theTI}{\addtocounter{TI}{1} \arabic{TI}.} カウンタ値を設定する. \setcounter{section}{0} 図番号1を表示するには,最初に0を設定する. \begin{figure}[h] \begin{center} \setcounter{figure}{0} \psbox[height=20cm,width=15cm]{h1.eps} \caption[f_e]{出血と血清AVP濃度} \end{center} \end{figure}
サイズ目次に戻る.
\hboxのサイズをコンパイル時に表示する. \input{/home/tanaka/tex/b5book} \begin{document} \newbox\B \setbox\B=\hbox{あいうえお} \typeout{幅=\the\wd\B,高さ=\the\ht\B,深さ=\the\dp\B} \end{document}
マクロ目次に戻る.
/usr/share/texmf/tex/platex/baseに種々のマクロが定義されている. 用紙サイズ:a4j.sty a5j.sty b4j.sty b5j.sty 例: \documentstyle[a4j,11pt]{jarticle} 特殊なもの,自作はそれぞれothers, mymacrosディレクトリに 格納して, /usr/bin/mktexlsr を行い,登録する. 利用法: プリアンブルに \usepackage{mymac1} などと記述する.
ソース表示目次に戻る.
Texソースコードをそのまま表示するには, \verb+文字列+とすると,コード翻訳しない. 注意:\verb命令は1行表示で,複数行の表示はできない. \begin{verbatim} 文章 \end{verbatim} は特殊文字のエラーなしに,すべての行が表示できる. ソースコードに枠をつけるには, \newenvironmentを参照する.
行間,行数目次に戻る.
本文全体の行間を変更したい場合は, プリアンブルの中に\baselineskip=行間幅\baselineskipを 記述します. ページを25行に指定: \setlength{\texthieght}{25\baselineskip} パラグラフの行間を変更する場合は: \baselineskip=5.1mm ..... ..... \baselineskip=6.0mm ..... ..... のようにする. 要旨など,\smallで行う場合は, \begin{minipage}[t]{13cm} \baselineskip=4mm {\small \noindent {\bf 要旨} 特異的な血管炎である大動脈炎症候群を有する患者に対して, 肝切除術において,硬膜外... } \end{minipage} とする.
脚注目次に戻る.
脚注は本文領域左下端に表示され,フッタ領域に 表示されるのではない. 脚注の書き方: 例:最も単純なもの. となる\footnote{$R=8.314 462{\rm JK^{-1}mol^{-1}}$}. 注:同じページなら番号が更新する. 例:番号指定. となる\footnote[3]{$R=8.314 462{\rm JK^{-1}mol^{-1}}$}. 例: \renewcommand{\thefootnote}{\fnsymbol{footnote}} 岩瀬良範\footnote[0]{獨協医科大学 救急医学}, 崎尾秀彰,諏訪邦夫\footnote[1]{帝京大学}, 三池神也\footnote[2]{(株)ファイバーテック} 引用する文字に続けて記述すると, 番号が右上付きで表示される. 脚注番号カウンターはfootnote デフォルトでは数字に設定,1から始まる. 脚注用記号に変更するには, \renewcommand{\thefootnote}{\fnsymbol{footnote}} を設定. もとの数字にもどすには, \renewcommand{\thefootnote}{\arabic{footnote}} \setcounter{footnote}{2} とすると+1されて3から表示される. 同じページなら番号が更新していく. 脚注番号カウンターはfootnote \setcounter{footnote}{2} とすると+1されて3から表示される. 脚注どうしの間隔設定 \footnotesep 5mm 脚注とフッタ領域の間隔設定 \footskip 5mm 引用番号が不要の場合にはどうするのか? symbol番号0は空白である.以下の命令でデフォルト設定を 再定義する. \renewcommand{\thefootnote}{\fnsymbol{footnote}} 岩瀬良範\footnote[0]{獨協医科大学 救急医学}, 松島久雄,崎尾秀彰 ★ 同じ引用番号で右肩にマークをする場合は? 森田耕司\footnotemark[1], ★ 表やミニページで\footnoteをページの下に指定するには? 中田 力 \footnotemark としておき,その表やミニページの外で, \footnotetext[1]{ 新潟大学脳研究所・総合脳機能研究センター } とする.
紙サイズ目次に戻る.
A4: w=210mm, h=297mm A5: w=148mm, h=210mm B4: w=257mm, h=363mm B5: W=182mm, h=257mm 注意: documentclassでb5paperを設定しても印刷用紙はA4が設定される. 用紙をB5にするには特別命令が必要であり,プリアンブルに 記入する. %------------------ B5版用紙設定 -------------------- \special{papersize=182mm,257mm} 印刷マクロ 初期設定として上1インチ,左1インチの設定がなされている. default setting jbk10.cloに記載 \topmargin{.75in} \headheight{12pt} \headsep{.25in} \footheight{12pt} \footskip{.35in} 例は初期設定を0にし,続いて上下左右25mmの空白を作る. A4版: vi a4.tex %file name: a4.tex %A4立て置き:立て297mm 横210mm \documentclass[12pt,a4]{jarticle} \usepackage{multicol} %空白部分 \topmargin=-1in \addtolength{\topmargin}{25mm} \oddsidemargin=-1in \addtolength{\oddsidemargin}{25mm} \textwidth=210mm \addtolength{\textwidth}{-50mm} \textheight 297mm \addtolength{\textheight}{-50mm} %その他 \headheight 0mm \headsep 0mm \footskip 0mm \footheight 0mm \pagestyle{empty} % %インデントマクロ命令 \newenvironment{indention}[1]{\par \addtolength{\leftskip}{#1} \begingroup}{\endgroup\par} B5版book:麻酔集中治療とテクノロジー製本 %file name: b5book.tex %file name: b5book.tex %B5立て置き:立て257mm 横182mm \documentclass[10pt,b5j]{jbook} \usepackage{multicol} \usepackage[dvips]{graphicx,color} %空白部分 \textheight=257mm \addtolength{\textheight}{-50mm} \textwidth=182mm \addtolength{\textwidth}{-32mm} \topmargin=-1in \addtolength{\topmargin}{31mm} \oddsidemargin=-1in \addtolength{\oddsidemargin}{16mm} \evensidemargin=-1in \addtolength{\evensidemargin}{16mm} \headsep=5mm B5版: %file name: b5.tex %B5立て置き:立て257mm 横182mm \documentclass[12pt,b5]{jarticle} \usepackage{multicol} %空白部分 \topmargin=-1in \addtolength{\topmargin}{15mm} \oddsidemargin=-1in \addtolength{\oddsidemargin}{16mm} \textwidth 182mm \addtolength{\textwidth}{-50mm} \textheight 257mm \addtolength{\textheight}{-50mm} %その他 \headheight 0mm \headsep 0mm %\footskip 0mm \footheight 0mm \pagestyle{empty} % %インデントマクロ命令 \newenvironment{indention}[1]{\par \addtolength{\leftskip}{#1} \begingroup}{\endgroup\par} 葉書:立て148mm,横100mm vi card.tex %空白部分 \topmargin -15mm \oddsidemargin -10mm \textwidth 118mm \texthieght 80mm %その他 \headheight 0mm \headsep 0mm \footskip 0mm \footheight 0mm
Tex単位系目次に戻る.
em 文字'm'の幅を示す. ex 文字'x'の高さを示す. mu 数式環境で使用するemの1/18の長さ. 参照:空行,空白,改ページ
表示目次に戻る.
tex fileをコンパイルしてdvi拡張子のつくファイルを作成する. platex file 画面(CRT)表示 xdvi file.dvi& gv file.ps& xdviで作成される画像には右に多くの機能ボタンがあるが, xキーで消去,再表示がなされる.(expert モード) その他のキー操作: q xdvi の終了 n 次のページへ移動 数 n 決められたページ分進む f, [Space],[Return], [LineFeed] p 前のページへ移動 数 p 決められたページ分戻る b, [Delete], control-H 数 g 指定されたページへ移動 最初のページは 1 ページと仮定されている. これは P コマンドで変更可能 数 P 現在表示されているページの番号を指定 \C-L 再表示 ^ 現在のページのホームポジションへ戻る h,j,k,l VIと同じく上下左右 R 再読み込み K Keep Position モードの切替え x Expert モードの切替え G アンチエリアシング処理の切替え D グリッド表示モードの切替え v Postscript 表示・非表示の切替え F 新しいDVIファイルを読み込む m 現在のページにマーク 数 m 指定ページにマーク U 現在のページのマークを外す 数 m 指定ページのマークを外す a 全てのページにマーク A 全てのページのマークを外す < 現在のページにマークし,最初のページに移動 > 現在のページにマークし,最後のページに移動 ' 最後にマークしたページへ移動 " 最後にマークしたページへ移動する 移動した先のマークが外れ,移動本のページにマークがつく ` マークされた順番にページを回る o 印刷メニューのポップアップ t 紙サイズメニューのポップアップ
位置ぎめ目次に戻る.
textpos.pdf textpos.sty test-pos.tex textpos.dtx textpos.ins 必要なファイルtextpos.dtxとtextpos.ins 設定: platex extpos.ins を実行すると, textpos.styとtextpos.drvが作成され,また textpos-example.texが作成される. platex textpos-example.tex でサンプルがコンパイルされる. フォントの位置微調整
Tex計算法目次に戻る.
数値計算はTexとLaTexとで異なる. Tex法: \newcount \x % カウンタxを作成 \x=333 % xに333を代入 \the \x % 値xを表示 \advance \x by 5 % x に5を加える \the \x % 再度,値xを表示 注意:空白やbyは無くてもよい. \newcount \y % カウンタyを作成 \y=2 % yに2を代入 \the \y % 値yを表示 \advance \x by \y \the \x % 再度,値xを表示 カウンタの代入は: \x=\y \the \x % 再度,値xを表示 LaTex法: \newcounter{x} % 新しいカウンタxを作成する. \setcounter{x}{333} % カウンタxに数値123を代入する. \thex %カウンタxを表示する. \addtocounter{x}{5} % x に5を加える \thex % 再度,値xを表示 \newcounter{y} % 新しいカウンタyを作成する. \setcounter{y}{2} % カウンタyにカウンタyを代入する. \they \addtocounter{x}{\value{y}} % カウンタxにカウンタyの値を加える. \thex % 再度,値xを表示 他のカウンタの値をxに代入するには \setcounter{x}{\value{y}}とする. プリアンブルに以下を記述 \newcounter{ISumx} \newcounter{ISumy} \newcommand{\ISum}[3]{\setcounter{ISumx}{#1}\setcounter{ISumy}{#2} \advance\value{ISumx}\value{ISumy}\edef#3{\theISumx}} \newcounter{ISubx} \newcounter{ISuby} \newcommand{\ISub}[3]{\setcounter{ISubx}{#1}\setcounter{ISuby}{#2} \advance\value{ISubx}-\value{ISuby}\edef#3{\theISubx}} \newcounter{IMulx} \newcounter{IMuly} \newcommand{\IMul}[3]{\setcounter{IMulx}{#1}\setcounter{IMuly}{#2} \multiply\value{IMulx}\value{IMuly}\edef#3{\theIMulx}} \newcounter{IDivx} \newcounter{IDivy} \newcommand{\IDiv}[3]{\value{IDivx}=#1\divide\value{IDivx}by#2\edef#3{\theIDivx}} プログラムは答えの変数領域を確保する. \begin{document} \newcounter{a} \newcounter{b} \newcounter{c} \newcounter{d} \ISum{2}{1}{\a} \ISub{2}{1}{\b} \IMul{2}{3}{\c} \IDiv{6}{3}{\d} 図\a\b\c\d \end{document} 解説: \newcounter{x} : 新しいカウンタxを作成する. \setcounter{x}{123} : カウンタxに数値123を代入する. \thex:カウンタxを表示する. 他のカウンタの値をxに代入するには \setcounter{x}{\value{y}}とする. 加算: カウンタxに5を加算する. \addtocounter{x}{5} \thex xにカウンタbの値を加算する. \addtocounter{a}{\value{b}} \thex Latex命令に引き算,掛算,割算プログラムはない. カウンタ変数の足し算. \setcounter{d}{123} \thed \ISum{\value{d}}{\value{d}}{\a} \a とすると246が表示される.
Tex条件判断目次に戻る.
\newif\if週末 \週末true \if週末 遊ぶ.\fi 遊ぶ.が出力される. \週末false \if週末 遊ぶ.\fi 遊ぶ.が出力されない. \if週末 遊ぶ.\else 遊ばない.\fi 数値の条件判断: \ifnum... \else... \fi \elseは省略可能. \ifnumの直後に条件式を書く. 条件式は xy だけである. Tex表記: \newcount \x \x=1 \newcount \y \y=2 \ifnum \x < \y 正しい. \fi LaTex表記: \newcounter{x} \setcounter{x}{1} \newcounter{y} \setcounter{y}{2} \ifnum \thex < \they 正しい. \fi
DviTool目次に戻る.
xdvidvi2faxdvicopydvihpdviljdvilj2p
dvilj4dvilj4ldvilj6dvipdfdvipdfmdvipdfmx
dvipdftdvipsdvireddvitomp(p)dvitype

xdvi目次に戻る.
参考: dvioutにおける小ヒント集 dviファイルの解読 dviファイルの解読(コピー) xdviはdviファイルをCRTに表示する. 注意: xdviを作動させると, Note: overstrike characters may be incorrect. とエラーメッセージが表示される. 実害はないが, vi .Xdefaults XDvi.copy:True とするとエラーメッセージは消える. 命令 33%拡大を指定して表示する. xdvi -s 3 awk& Printボタン クリックによりPrint-outのウィンドウが表示する. Printer nameの枠に lpr -Pps を記入し, Printボタンをクリックする. ページ指定すると印刷が実行する. キーストローク ? b 1ページバック f 1ページ進む q 終了 x 右横のツールバー表示(トグル) T ペ−ジ表示を物理番号と,texで指定する番号との変更(トグル)
dvi2fax目次に戻る.

dvicopy目次に戻る.

dvihp目次に戻る.

dvilj目次に戻る.

dvilj2p目次に戻る.

dvilj4目次に戻る.

dvilj4l目次に戻る.

dvilj6目次に戻る.

dvipdf目次に戻る.

dvipdfm目次に戻る.

dvipdfmx目次に戻る.
./dvipdfmx とだけtypeすると使用法が表示される. No dvi filename specified. This is dvipdfmx-20090506 by the DVIPDFMx project team, an extended version of dvipdfm-0.13.2c developed by Mark A. Wicks. Copyright (C) 2002-2009 by the DVIPDFMx project team This is free software; you can redistribute it and/or modify it under the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later version. Usage: dvipdfmx [options] dvifile -c Ignore color specials (for B&W printing) -d number Set PDF decimal digits (0-5) [2] -f filename Set font map file name [cid-x.map] -g dimension Annotation "grow" amount [0.0in] -l Landscape mode -m number Set additional magnification -o filename Set output file name [dvifile.pdf] -p papersize Set papersize [a4] -q Be quiet -r resolution Set resolution (in DPI) for raster fonts [600] -s pages Select page ranges (-) -t Embed thumbnail images of PNG format [dvifile.1] -x dimension Set horizontal offset [1.0in] -y dimension Set vertical offset [1.0in] -z number Set zlib compression level (0-9) [9] -v Be verbose -vv Be more verbose -C number Specify miscellaneous option flags [0]: 0x0001 reserved 0x0002 Use semi-transparent filling for tpic shading command, instead of opaque gray color. (requires PDF 1.4) 0x0004 Treat all CIDFont as fixed-pitch font. 0x0008 Do not replace duplicate fontmap entries. 0x0010 Do not optimize PDF destinations. Positive values are always ORed with previously given flags. And negative values replace old values. -D template PS->PDF conversion command line template [none] -K number Encryption key bits [40] -O number Set maximum depth of open bookmark items [0] -P number Set permission flags for PDF encryption [0x003C] -S Enable PDF encryption -V number Set PDF minor version [4] All dimensions entered on the command line are "true" TeX dimensions. Argument of "-s" lists physical page ranges separated by commas, e.g., "-s 1-3,5-6" Papersize is specified by paper format (e.g., "a4") or by w,h (e.g., "20cm,30cm").
dvipdft目次に戻る.

dvips目次に戻る.

dvired目次に戻る.

dvitomp目次に戻る.

(p)dvitype目次に戻る.
dvitype dvi_name[.dvi] pdvitype dvi_name[.dvi] dviファイルを文字列に翻訳して標準出力する. 日本語フォントは表示されない. 注意:pdvitypeは日本語フォントも翻訳する. ref: tex, gftodvi, gftype, pktype
追加インストール目次に戻る.
2010年 1月 1日 金曜日 15:59:49 JST styインストール法: CATANは信頼できるサイト dtxとinsの2個のファイルをダウンロードする. insファイルはdtxを読み込み,styファイルを抽出する. dtxファイルはdviファイルやサンプルを抽出する. 1) 新ディレクトリを作成し,そこにdtxとinsの2個のファイルをコピーする. 2) platex foo.ins 3) platex foo.dtx 4) 仕上ったstyファイルを/opt/teTeX/share/texmf/tex/latex/others などのディレクトリへコピーする. 5) suになって /opt/teTeX/bin/mktexlsr を実行して追加styファイルを登録する. 例: platex index.ins (注意:index.insとindex.insとの2個のファイルが必要!) 実行すると, index.dtx index.ins index.log index.sty sample.tex ができあがる. platex index.dtx を実行するとindex.dviができあがる. xdvi index.dvi でindexの説明が読める. Plamo var. 4.22.dvd,およびPlamo var. 4.73.dvdでは /opt/teTeX/share/texmf/tex/latex/others ディレクトリを作成, *.styを上記ディレクトリにコピーする. suになって /opt/teTeX/bin/mktexlsr を実行して追加styファイルを登録する. texファイルのプリアンブル部分で \usepackage{index.sty} を記述する. ★ 追加インストールしたstyを削除するには: othersディレクトリの削除styをrmする. 再度 /opt/teTeX/bin/mktexlsr を実行する. 詳しくは: 0. 新しいパッケージ"xxx.sty"を導入したい. を参照する.
if,loop等目次に戻る.
\newifによる判断宣言: \newif\ifcba \cbatrue \ifcba AAA \else BBB \fi cbaは\newifで宣言されたフラグである. \cbatrueはフラグcbaを真にする.宣言直後は偽(false)になっている. フラグ名は日本語でもよい. 繰り返し: \begin{document} \newcount \i \i=0 \loop 繰り返す. \ifnum \i < 5 \advance \i by 1 \repeat \end{document} とすると,「繰り返す.」が5回書き込まれる. \let: コントロールシーケンスの名称を変更する. \let \a=\loop としておくと, \newcount \i \i=0 \a 繰り返す. \ifnum \i < 10 \advance \i by 1 \repeat と記述できる. 数字変数作成は \newcountで行う. 数字表示は数式処理で行う: $\number \i$ 和差積商は整数演算のみである. \newcount \i \i=0 \advance \i by 5 $\number \i$\\ \advance \i by -6 $\number \i$ \\ \multiply \i by 5 $\number \i$ \\ \divide \i by 2 $\number \i$ if命令 条件 真のテキスト \else 偽のテキスト \fi 数字の場合は上記のように\ifnumを使用する. 寸法には\ifdim 数値の奇数には\ifodd が用意されている.
subfigure目次に戻る.
インストール vi Makefile 変更 CONTRIB = /usr/share/texmf/tex/contrib LATEX = latex2e を CONTRIB = /usr/share/texmf/tex/contrib LATEX = platex md /usr/share/texmf/tex/contrib make 以上
latex2html目次に戻る.
md latex2html cp latex2html.tar.gz latex2html cd latex2html chmod +x install-test vi install-test #!/usr/local/bin/perl を変更, #!/usr/bin/perl 実行 install-test Cannot find /path/to/latex2htmldir/latex2html Please check the value of $LATEX2HTMLDIR in latex2html.config とクレームがでた. vi latex2html.config # Give the path to the DIRECTORY in which the latex2html files can be found $LATEX2HTMLDIR = "/home/tanaka/Tex/latex2html"; と変更する. LaTeX2HTML program in /home/tanaka/Tex/latex2html was found. Main script installation was successful. Testing availability of external programs... Perl version 5.005 is OK. texexpand was found. Checking for availability of DBM or NDBM (Unix DataBase Management)... DBM was found. DVIPS version 5.78 is OK. pstogif was found. Looking for latex... sh: type: latex: not found Warning: latex was * NOT * found. Looking for gs... gs was found. /home/tanaka/Tex/latex2html/pstoppm.ps was found. Looking for /path/to/pbmplusdir/pnmcrop... sh: type: /path/to/pbmplusdir/pnmcrop: not found Warning: /path/to/pbmplusdir/pnmcrop was * NOT * found. Looking for /path/to/pbmplusdir/ppmtogif... sh: type: /path/to/pbmplusdir/ppmtogif: not found Warning: /path/to/pbmplusdir/ppmtogif was * NOT * found. Warning: May not be able to convert equations, figures, tables and unknown environments to inlined images. Looking for Giftrans... Warning: Giftrans was * NOT * found. Warning: Could not find 'giftrans'. Equations and other inlined images will have ugly white backgrounds. Looking for /path/to/pbmplusdir/giftoppm... sh: type: /path/to/pbmplusdir/giftoppm: not found Warning: /path/to/pbmplusdir/giftoppm was * NOT * found. Looking for /path/to/pbmplusdir/pnmfile... sh: type: /path/to/pbmplusdir/pnmfile: not found Warning: /path/to/pbmplusdir/pnmfile was * NOT * found. Looking for /path/to/pbmplusdir/pnmtile... sh: type: /path/to/pbmplusdir/pnmtile: not found Warning: /path/to/pbmplusdir/pnmtile was * NOT * found. Looking for /path/to/pbmplusdir/pnmcat... sh: type: /path/to/pbmplusdir/pnmcat: not found Warning: /path/to/pbmplusdir/pnmcat was * NOT * found. Warning: Will not be able to right justify equations. Warning: Please check the relevant pathnames in latex2html.config. Styles directory was found. と結果がでた. 再度 vi latex2html.config # Give the path to the DIRECTORY in which the pbmplus programs can be found $PBMPLUSDIR = "/home/tanaka/Tex/pbmplusdir"; $USENETPBM = 1; $LATEX = "platex"; # LaTeX ディレクトリ作成 md /home/tanaka/Tex/pbmplusdir
ieice学会目次に戻る.
電子情報通信学会のテンプレート ieice.cls クラスファイル説明texファイル readme-j.tex 使用法: ieice.clsとreadme-j.texとを同じディレクトリに保存. jp readme-j
麻酔とテク目次に戻る.
スタイル書式 vi b5book.tex %file name: b5book.tex %B5立て置き:立て257mm 横182mm \documentclass[10pt,b5j]{jbook} \usepackage{multicol} \usepackage[dvips]{graphicx,color} %空白部分 \textheight=257mm \addtolength{\textheight}{-50mm} \textwidth=182mm \addtolength{\textwidth}{-32mm} \topmargin=-1in \addtolength{\topmargin}{31mm} \oddsidemargin=-1in \addtolength{\oddsidemargin}{16mm} \evensidemargin=-1in \addtolength{\evensidemargin}{16mm} \headsep=5mm %---------- 番号つき箇条書き ----------- \newcounter{enum2} \newenvironment{enumerate2}{% \begin{list}% {% \arabic{enum2}.\ \,% 見出し記号/直後の空白を調節 }% {% \usecounter{enum2} \setlength{\itemindent}{0zw}% ここは 0 に固定 \setlength{\leftmargin}{1zw}% 左のインデント \setlength{\rightmargin}{0zw}% 右のインデント \setlength{\labelsep}{0zw}% 黒丸と説明文の間 \setlength{\labelwidth}{3zw}% ラベルの幅 \setlength{\itemsep}{0em}% 項目ごとの改行幅 \setlength{\parsep}{0em}% 段落での改行幅 \setlength{\listparindent}{0zw}% 段落での一字下り } }{% \end{list}% }
表題,著者目次に戻る.
\input{/home/tanaka/tex/b5book.tex} \begin{document} \pagestyle{myheadings} \markboth{ \small 直接CCD方式ビデオ喉頭鏡}{ \small 日本集中治療・テクノロジー学会2004} \renewcommand{\thepage}{\footnotesize --\arabic{page}--} \begin{center} \Large \gt 直接CCD方式ビデオ喉頭鏡 \medskip \mc \renewcommand{\thefootnote}{\fnsymbol{footnote}} 岩瀬良範\footnote[0]{獨協医科大学 救急医学}, 崎尾秀彰,諏訪邦夫\footnote[1]{帝京大学}, 三池神也\footnote[2]{(株)ファイバーテック} \end{center} \medskip \columnsep=2zw \begin{multicols}{2} \centerline{\large \gt はじめに} \vspace{2mm} \normalsize \mc \baselineskip=6mm \parindent 1zw はじめにの文章を書く.
はじめに目次に戻る.
\centerline{\large \gt はじめに} \vspace{2mm} \normalsize \mc \baselineskip=6mm \parindent 1zw はじめにの文章を書く.
方法目次に戻る.
\vspace{4mm} \centerline{\large \gt 方 法} \mc \normalsize \parindent 1zw \baselineskip=6mm /方法の文章を書く.
結果目次に戻る.
\vspace{6mm} \centerline{\large \gt 結 果} \mc \normalsize \baselineskip=6mm \parindent 1zw 結果のを書く.
考 察目次に戻る.
\vspace{6mm} \centerline{\large \gt 考察と結語} \mc \normalsize \baselineskip=6mm 考察の文章を書く.
参考文献目次に戻る.
\vspace{6mm} \centerline{\large \gt 参考文献} \mc \normalsize \begin{enumerate2} \baselineskip=4.5mm \item Levitan RM, Mickler T, Hollander JE: Bimanual laryngoscopy: a videographic study of external laryngeal manipulation by novice intubators. Ann Emerg Med 40:30-37, 2002 \end{enumerate2}
ABSTRACT目次に戻る.
\centerline{\small \bf ABSTRACT} \mc \normalsize \begin{center} \baselineskip=4.5mm "True" visual field monitoring system with head-mount display and micro-sized CCD \\ for laryngoscopy \medskip Yoshinori Iwase, Hisao Matsushima, \\ Hideaki Sakio \end{center} \parindent 0zw \medskip \normalsize \baselineskip=4.5mm \bf Introduction
目次に戻る.
%% fig1 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% \begin{minipage}[t]{7cm} \includegraphics[width=6.7cm]{fig1.eps} \begin{center} \small {\bf 図1 Glasstoron Lite (Sony, Japan)} \end{center} \end{minipage} %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% \vspace{3mm} \parindent 0zw \baselineskip=6mm 続きの文章を書く.
\advance目次に戻る.
\advance レジスタ by n レジスタにnの和差算を行って代入する. byは省略できる. nに-を指定すると引き算になる. 例: \advance\@tempcnta by 1 \advance\@tempcnta1 例: \advance\@tempcnta\@ne 注意:\@neは数値1を示す?
\bfseries目次に戻る.
文字を太字にする.
\chapter目次に戻る.
bookの設定で章を表示する.この開始のまえに改ページを おこない,ページタイトルも表示される. \chapter*{あああ} とすると,章番号は印刷されないが,同時にページタイトルも 表示されない.
\Cdp目次に戻る.
\dp0の意味
\Cvs目次に戻る.
\baselineskipの意味
\colorbox目次に戻る.
\colorboxは背景に色をつける.1文字として扱うため 改行はできない. 色濃度は1で白,0で黒,0.8以上が良い. 例: \colorbox[gray]{0.8}{文字列}
\def目次に戻る.
\defはマクロを定義する.通常Texで使われる. 例: \def\One{1} は'\One'の命令を1に変換して出力する. \One \One \One\One -> 1111 となる. 注意: {}やグループ内で定義するとそこから脱出すると作用しない. グループ外でも作用させるためには \gdefを用いる. 引数に空行があるとエラーになる.この場合は \newcommandで定義する.但し\newcommandの引数は パターンマッチングができない. \edefで再定義すると\defの定義が展開追加される. \edefのグロバル化には\xdefを用いる. 引数とパターンマッチング 例: \def\時間変換#1:#2#3{#1時#2#3分} \時間変換 14:30 -> 14時30分 と出力する. 引数は#1#2などと記入する. #1,#2など,を区切り文字列として使用できる. 命令では同じ区切り文字列を用いる. {}や区切り文字列を使用しない場合は1文字しか 引用されず,後続の文字列になる. マクロの中のマクロ引数は, ##1,##2のように記述する. 注意: \def命令は[]で示すパラメータ指定はできない. \newcommand{\命令名}[パラメータ数]{展開 #1 #2 ...} を行う.
\divide目次に戻る.
レジスタにnの割算を行って代入する. 割り切れないときはより近い整数を代入する.
\dotfill目次に戻る.
............... \dotfill が利用できる.但し数式の中での使いかた? tabularを使う. \vspace{2mm} \begin{tabular}{p{6.5cm}} $Φ(γ)=\frac{1}{2}β(γ^2+\frac{2}{3}αγ^3)${\dotfill}\丸数字{1} \end{tabular} 結果:
\edef目次に戻る.
19, 20, 30, 32, 33, 35, 37,56, 57 \edefは拡張\defである. \def\a{aa,bb} \edef\a{\a,cc} \a とすると,{}内の\aが展開され再度\aが定義される. その後, \aにより,aa,bb,ccが表示される. 定義の再定義を行う. 数値加算命令で: \newcounter{ISumx} \newcounter{ISumy} \newcommand{\ISum}[3]{\setcounter{ISumx}{#1}\setcounter{ISumy}{#2} \advance\value{ISumx}\value{ISumy}\edef#3{\theISumx}} としているが, 加算結果は\theISumxで表され,それを引数#3に代入する.
\everypar目次に戻る.
段落の始めに実行される命令. 段落の終は \parである.
\fancyhead目次に戻る.
fancyhdr.zip fancyhdr.pdf 単純例: vi c1.tex \documentclass[twoside]{jsarticle} \usepackage{fancyhdr} \pagestyle{fancy} \lhead{LH} \chead{CH} \rhead{RH} \lfoot{LF} \cfoot{CF} \rfoot{RF} \begin{document} \noindent テスト \end{document} とすると, ヘッダ−の下に罫線が表示される. RHは右端のテキスト領域であり,picture環境での右端の原点になる. LHは左端のテキスト領域であり,picture環境での左端の原点になる. これで,put命令を用いればインデックスが印刷できる. 罫線を消すには, \renewcommand{\headrulewidth}{0pt} \renewcommand{\footrulewidth}{0pt} でよい. Right Headに図を設定する: vi c2.tex \documentclass[twoside]{jsarticle} \usepackage{graphicx} \usepackage{fancyhdr} \setlength{\unitlength}{18mm}% \newcommand{\blob}{\rule[-.2\unitlength]{2\unitlength}{.5\unitlength}} \newcommand\rblob{\thepage \begin{picture}(0,0) \put(1,-3){\includegraphics[width=2.0cm]{tape.eps}} \end{picture}} \pagestyle{fancy} \lhead{LH} \chead{CH} \rhead{\rblob} \lfoot{LF} \cfoot{CF} \rfoot{RF} \begin{document} \noindent テスト \rblob \end{document} 注意: \usepackage{graphicx を追加すると, 本来のpicture環境のput命令ではなく, \includegraphics が使用できた. これで,tgifを用いて任意の図が挿入できる.但し, 日本語フォントには注意が必要. 始めの設定: \usepackage{fancyhdr} \pagestyle{fancy} 命令パラメ−タ: E Even page O Odd page L Left field C Center field R Right field H Haeder F Footer 例: \fancyhead{} % clear all fields \fancyhead[RO,LE]{\bfseries The performance of new graduates} \fancyfoot[LE,RO]{\thepage} \fancyfoot[LO,CE]{From: K. Grant} \fancyfoot[CO,RE]{To: Dean A. Smith} \renewcommand{\headrulewidth}{0.4pt} \renewcommand{\footrulewidth}{0.4pt} \clearpage Bookを作成する場合,左側のペ−ジをヘッダ−なしの白紙にする.
\fontsize目次に戻る.
フォントサイズ{絶対値}を指定する. 例: {\fontsize{100}{120}\selectfont 特大文字} パラメータは文字サイズ,行送りの順. 単位はデフォルトではptだが,mmやcmでもよい.
@for目次に戻る.
\@for ... \do{...} コンマで区切った文字列リストを分解する. 例: \input{/home/tanaka/tex/b5book} \begin{document} \noindent \makeatletter \@for\m:=aa bb,cc \do{\m-\\} \makeatother \end{document} 結果 aa bb- cc- と出力する. 注意:区切り子は半角コンマ!
\global目次に戻る.
\globalは以下の命令を文書全体に実行させる. 例: \global\advance\@tempcnta1
\input目次に戻る.
\input{ファイル名}は分割ファイル名.texを 読み込む.
\kern目次に戻る.
文字を左右に移動する. 例: \kern-2ex{テキスト}
\leftmark目次に戻る.
ページスタイルの指定: \thispagestyle{} \pagestyle{} にheadingsを使用すると, ヘッダーやフッタに使用する左マーク,デフォルトは book: \leftmark := \chaptermark (偶数頁) \rightmark := \sectionmark (奇数頁) article: \leftmark := \sectionmark \rightmark := \subsectionmark となっている. 例: \put(1.2,-\value{section}){\makebox(0,0)[l]{\color{red}\sffamily\bfseries\small\leftmark}} ページスタイルの改変 LaTeX/Page Layout
\let目次に戻る.
\letは命令を別名に変更するときに使用する. 例: \let\heikou\EMheikou は\heikou命令に遭遇したときに \EMheikouを実行する.
\lower目次に戻る.
\lowerは行表示位置を下げる. 例:tabular環境で水平線を引くと文字の上端とのすき間が 少なくなる.この場合, \lower.5ex\hbox{(1)日本麻酔科学会公認麻酔台帳でないことを}\\ とするとxの高さの1/2だけ下にずれて表示する.
\makeatletter目次に戻る.
@マーク付き命令はTeX命令であるため,\makeatletterで@マークを 文字と解釈させる.
\makeatother目次に戻る.
TeX命令から脱出するために@マークの文字解釈を停止させる.
\mbox目次に戻る.
\mboxコマンドは引数にとった文字列の長さの箱を用意し, その中に文字列をL-Rモードで出力する. (L-Rモードとは改行を含まずに左から右へ文字を羅列すること) 数式の太字が必要な場合に使用する. 例: \mbox{\boldmath ${abc}$},注意:括弧{と$の順番は,この順番.
\makebox目次に戻る.
\makebox[幅][位置]{内容} 幅で指定する箱を作成し,その中の位置で指定する場所に 内容を表示する. 幅:指定 位置指定:l左,c中央,r右,指定無しは中央になる. 1行しか表示しない.複数行の場合は\parboxを使用する.
\mathrel目次に戻る.
\mathrelは数式表現で新しい関係子を宣言する. 例:平行(二本のスラント) \def\EMheikou{\mathrel{/\kern-.25em/}}%
\multicols目次に戻る.
multicol.dvi \premulticols \vskip \multicolsep \postmulticols \columnseprule \baselineskip \tolerance \fussy \sloppy \multicoltolerance \pretolerance \tolerance = number \multicolpretolerance collectmore \raggedcolumns \flushcolumns unbalance \baselineskip
\multiply目次に戻る.
\multiply レジスタ by n レジスタにnの掛け算を行って代入する.
\hbox目次に戻る.
{}の中身が水平ボックスに入れられ,分離することはない. 熟語を一つの単語にまとめるときに使う. 例: ただの改行のみは\hbox{}と記述する. \hbox{abc def} 水平ボックスの幅(1cm)を指定する場合は: \hbox to 1cm{田中} と記述する. 例: \noindent *\hbox to 1cm{田中}*\\ *\hbox to 1cm{\hss 田中}*\\ %右詰め *\hbox to 1cm{田中 \hss}*\\ %左詰め *\hbox to 1cm{\hss 田中 \hss}*\\ %空白が入り中央でない *\hbox to 1cm{\hss{田中}\hss}* %正確に中央に合わせる.
\hrule目次に戻る.
水平線を作成する. 表の太い罫線に利用する. \hrule[height<dimen> depth<dimen> width<dimen>] 例: \def\HLINE{\noalign{\hrule height 1pt}} 詳しくは表 -> 太線
\hspace目次に戻る.
\hspace{単位}は空白の空間を作る. 例: \hspace{1em}は全角1文字の空白 \hspace{0.5em}は半角1文字の空白
\hfil目次に戻る.
文字列の幅を伸ばす.\hssは幅を伸ばし縮じみする. \hboxの例を参照すること. \hfillも同じ. 例:表の\centeringに使用 \begin{tabular}{|p{1.5cm}|p{3cm}|p{3cm}|} \hline 曜日&午前&午後\\ \hline \hline 月&なし&1:00--4:00\\ \centering 火&{\hfil}なし{\hfil}&\parbox{3cm}{\centering 1:00--4:00}\\ \raggedleft 水&\raggedleft なし&\parbox{3cm}{\raggedleft 1:00--4:00}\\ 木&9:00-12:00&1:00--4:00\\ 金&なし&1:00--4:00\\ \hline \end{tabular} これを\hssにすると,コンパイルエラーになる.
\hss目次に戻る.
文字列の幅を延び縮じみする. \hboxの例を参照すること.
\ifnum目次に戻る.
整数の比較を行う. \ifnum... \else... \fi \elseは省略可能. \ifnumの直後に条件式を書く. 条件式は x<y, x=y, x>y だけである.
\newcommand目次に戻る.
マクロ設定を行う. \newcommand{\命令名}[パラメータ数]{命令展開 #1 #2 ...} 例: \newcommand{\姓名}[2]{姓:#1, 名:#2} \姓名{山田}{太郎} -> 姓:山田, 名:太郎 となる.
\newenvironment目次に戻る.
\newenvironmentは新しい環境を作る. Verbatim環境にはプリアンブルに \usepackage{fancybox} が必要. \newenvironment{newboxedminipage} {%begin \VerbatimEnvironment \begin{boxedminipage}{7cm} \baselineskip=4.0mm \begin{Verbatim} } {%end \end{Verbatim} \end{boxedminipage} \baselineskip=6.0mm } とすると, \begin{newboxedminipage} #include main() { int i; for(i=0;i<5;i++) { printf("Hello World.\n"); } } \end{newboxedminipage} となって\baselineskipが指定でき, さらにVerbatim 環境が使用できる. パラメータをつけた\newenvironmentは \newenvironment{cmd}[2] {%begin #1,#2,... } {%end } と記述し,呼び出しは \begin{cmd}{#1}{#2} ... \end{cmd} となる.
\newif目次に戻る.
\newif\if週末 if命令の宣言を行う. 上の例では\if週末命令が使用可能になる. そして以下のマクロが可能になる. \週末true 「週末」であるという設定. \週末false 「週末」でないいう設定. \if週末 AAA\fi 「週末」であれはAAAを実行. \if週末 AAA\else BBB\fi 「週末」であれはAAAを実行,偽ならBBBを実行.
\newlength目次に戻る.
延び縮みできる長さのパラメータを新しく宣言する. 例: \newlength\xyz \setlength{\xyz}{3pt plus 1pt minus 1pt} \newskip\xyz
\newskip目次に戻る.
延び縮みできる長さのパラメータのskipレジスタを 確保する. 例: \newskip\xyz
\newtab目次に戻る.
プリアンブルにfancyboxを使用すること! \usepackage{fancybox} 幅#1の枠を作成するが,中はverbatim環境である. % 枠 \newtab \newenvironment{newtab}[1] {%begin \VerbatimEnvironment \noindent \begin{tabular}{|p{#1cm}|} \hline \begin{minipage}{#1cm} \baselineskip=4.0mm \vspace{-1mm} \noindent \begin{Verbatim} } {%end \end{Verbatim} \vspace{-1mm} \end{minipage}\\ \hline \end{tabular} \baselineskip=6.0mm } 例: \vspace{2mm} \noindent \begin{newtab}{6.74} #! /usr//bin/env python for i in range(0,5): print "Hello World." \end{newtab}
\noalign目次に戻る.
表に立て横の罫線を加える. \noalign{<vertical/horizontal mode material>}
\number目次に戻る.
tex命令,数字レジスター内容を表示,また,数字の簡約化表示をする. ドキュメント内に表示させるためには数式処理が必要. 例: \begin{document} \newcount \数i数字 \数i数字=5 \advance \数i数字 by 5 数字 {$\number \数i数字$}\\ \end{document} 注意:\newcountに使用する変数名は「数i数字」のように英数字でなくてもよい.
\parbox目次に戻る.
\parbox[位置]{幅}{内容} 内容に強制改行 "\\" が使用でき,複数行の表示が可能. 例: \parbox[t]{1.5cm}{価格の比 \\ \centering{(定価)}} 表作成時に利用できる.
\parindent目次に戻る.
段落インデントを指定する.空行の下に記述する. 例:(全角1文字) \parindent 1zw 注意: \parindent=1zw と記述しても同じである. \sectionや\chapterの直後ではインデントしない.
\@plus目次に戻る.
\@plusは足し算をする. 例: \@plus.5\Cdp
\quad目次に戻る.
1emの横幅(全角1文字の空白より少し大きい)を作成する.
\raggedleft目次に戻る.
左寄せにする.左とは向かって左だから自分は右側である. 表で使用する.
\raggedright目次に戻る.
右寄せにする.右とは向かって右だから自分は左側である. 表で使用する.
\raisebox目次に戻る.
フォントの上下位置/高さ/深さの調整をする. 例: X\raisebox{2ex}[1ex][0ex]{Y}Z 文字Yを2exだけ高く,上の行間は1ex,下の行間は0exを指定する.
\relax目次に戻る.
\relaxは何も動作しないマクロ命令. ☆ 文字列の終りを示す. ☆ マクロ展開されないようにする. ☆ コントロールシーケンスの定義の有無を調べる.
\rightmark目次に戻る.
ヘッダーやフッタに利用する右マーク, デフォルトはchapter head 参照:\leftmarm
\rule目次に戻る.
\hboxなどの箱を移動するときに使用する命令. \vruleを使って,指定された大きさの黒箱を作成する. \rule[上下移動量]{幅}{高さ} 例: \setlength{\unitlength}{18mm} \rule[-.2\unitlength]{2\unitlength}{.5\unitlength} 1単位の長さを18mmにし,下へ0.2単位移動させ, 幅2単位,高さ0.5単位の黒箱を作成する. 色については前もって\color{色}で指定できる.
\section目次に戻る.
\section{セクション表題} 節を設定する.番号不要の場合は\section*とする. その場合は番号の自動更新はしない.
\setlength目次に戻る.
picture環境などで,単位長を指定する.この指定後は必ず%を表記する. 例: \setlength{\unitlength}{1cm}% \begin{picture}(10,15)(-1,-2) ..... \end{picture} 意味:幅10cm,高さ15cmで原点左下の図を1cm右側,2cm上に作る.
\sffamily目次に戻る.
サンセリフ書体を指定する.
\spetial目次に戻る.
\spetialはTeX命令ではなく,DVIなどに命令を伝達する命令. 例:B5反ページ設定. %------------------ B5版用紙設定 -------------------- \special{papersize=182mm,257mm} 参照: Page_Layout 例:ハイパーリンク 目次にハイパーリンクが行える.html書式と同じ. \special{html:<a href="#a">}a point \special{html:</a>} \newpage \special{html:<a name="a">}a point \special{html:</a>} 注意:#の取扱い ある例では: {\makeatletter\@makeother\#% \spetial{html:<a href="#LinkPoint">}\makeatother}% Text \special{html:</a>}% としている. 別の例: {\catcode`\#=11 \special{html:<a href="http://www.foo.org/bar#foobar"}} HyperTeX adds five new "\special" commands to the menagerie. These are: \special{html:<a href="hrefstring">} \special{html:<a name="namestring">} \special{html:</a>} \special{html:<img src="hrefstring">} \special{html:<base href="hrefstring">} {\catcode`\#=11 \special{html:<a href="http://www.foo.org/bar#foobar"}}
\@tfor目次に戻る.
\@tforは1文字づつ分離する. 例 \input{/home/tanaka/tex/b5book} \begin{document} \noindent \makeatletter \@tfor\m:=aa bb,cc \do{\m-\\} \makeatother \end{document} 注意:半角スペースは認識しない.
\@startsection目次に戻る.
\@startsectionは見出しの開始命令で,見出しデザインを変更 するときに使用する. 例: \makeatletter % カウンターの深さ指定 \setcounter{secnumdepth}{5} \renewcommand{\section}{\@startsection {section}{5}{25mm}{10mm}{20mm}{\Huge}} \makeatother 説明:パラメータ {5}番号の深さ,{25mm}左端からの位置,{10mm}前段落からの立て幅, {20mm}見出しから段落までの立て幅,{\Huge}}文字スタイル ☆ 位置指定の別指定法 \renewcommand{\section}{\@startsection {section}{1}{\z@} {1.5\Cvs \@plus.5\Cdp \@minus.2\Cdp} {.5\Cvs \@plus.3\Cdp} {\reset@font\centering\Large\bfseries}} ☆ 左・中央・右寄せをする場合: 左端からの位置を0mmにして, \tshapeの前にそれぞれ\raggedleft, \centering, \raggedrightを挿入する. 但し,左右の意味は自分側に立って示している. 例: \renewcommand{\section}{\@startsection {section}{5}{0mm}{10mm}{20mm}{\raggedleft\itshape\Huge}} ☆ 2重枠のボックスに入れる. \usepackage{fancybox} \fboxrule=0.5mm \fboxsep=3mm \renewcommand{\section}{\@startsection {section}{5}{0mm}{10mm}{20mm}{\itshape\Huge \doublebox }} ☆ ピクチャー環境で下線を引く: \renewcommand{\section}{\@startsection {section}{5}{0mm}{10mm}{20mm}{\bf\Huge \begin{picture}(0,0) \put(0,-5){\rule{130mm}{0.5mm}} \end{picture} }} ☆ セクション番号をローマ数字に変更する \renewcommand{\thesection}{\@Roman\c@section}
\tableofcontents目次に戻る.
目次ページを作成する. 例: \begin{document} \pagenumbering{roman} \tableofcontents \cleardoublepage \pagenumbering{arabic} \setcounter{page}{1] 本文 .... \end{document}
\typein目次に戻る.
\typein[com_name]{変数名}はコンパイル中に CPU端末へメッセージを表示し,入力データが 変数となり,印刷出力に代入される. 例: Dear \typein{Name:}\\ ...
\typeout目次に戻る.
\typeout{メッセージ}はコンパイル中に CPU端末へメッセージを表示し,logに記録される.
\vbox目次に戻る.

\vrule目次に戻る.
垂直の立て線を作り,表に利用できる. \vrule[height<dimen> depth<dimen> width<dimen>] 例: \def\VLINE{\vrule width 1pt} 詳しくは表 --> 太線を参照
\vskip目次に戻る.
\vskipは段落の途中で垂直モードにする. \vskip2\Cvsは強制的に垂直モードにして行送りを2に指定する.
\@whilenum目次に戻る.
\@whilenumはループ制御を行う. \@tempcnta=\z@ \@whilenum \@tempcnta<100\do{ ほげほげ\advance\@tempcnta\@ne}.
\z@目次に戻る.
\z@は数値の0や長さ0.0ptに使用する.
単位目次に戻る.
em 文字mの幅 (1emは全角1文字より少し幅が広い) ex 文字xの高さ zw 和文1文字の幅 pt 1/72.27 inchi bp 1/72 inch 数式で使用する空白の単位(math unitの略) mu 1mu=1/18em 1 inch = 2.54 cm = 72.27 point \mkernは途中改行なし,\mskipは途中改行できる. 例: \mkern-9mu
\maketitle目次に戻る.
\maketitleは\begin{document以下に書き込み, pre-ambleに記述した \title{Arfonts パッケージの使い方} が\Large, \centerで,表示し,日付の指定がなければ, 自動的に今日の日付が表示する. \title{}は\begin{document}以下に記述してもよいが, \maketitleの呼出前に記述しなければならない. 例: \title{Arfonts パッケージの使い方} \author{Kohsaku HOTTA} \date{1999 年 3 月 22 日} \begin{document} \maketitle
arfonts.sty目次に戻る.
検索:platex フォント インストール arfonts.styの追加インストール: su cp arfonts.sty /opt/teTeX/share/texmf/tex/latex/others /opt/teTeX/bin/mktexlsr フォントディレクトリ: /opt/teTeX/share/texmf-dist/fonts
爪(親指)目次に戻る.
辞書にあるページ横の見出しを出力するにはfancyhdr.styを使用するのが最も簡便. 1) 通常のLatexではペ−ジなどを示すHeader Footerは表示部分が制限されているが, fancyhdr.styを使用すると,全ペ−ジにわたってHeaderを表示することができる. そのため,紙面の側面マ−ジンまで印字可能である. 2) picture環境のput命令はテキスト領域を越えて紙面の全ての座標に描画すること が出来る.Header設定にpicture環境のput命令をもちいると,紙面の横端に 見出し帯が印字できる. 例:(http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/fancyhdr.html参照) fancyhdr19.texを解説. \documentclass[twoside]{jsarticle} \usepackage{fancyhdr} % \blobは黒色横幅広線を作成する. % これだけを表示すると,印刷テキスト領域に描かれ, % 両端空白領域には描かれない.一般の文字と同じ扱いである. \setlength{\unitlength}{18mm}% \newcommand{\blob}{\rule[-.2\unitlength]{2\unitlength}{.5\unitlength}} % 一般文字表示領域に\thepageでペ−ジ数を記述 % その後,座標で(1,-\value{section})に\blobを描く. \newcommand\rblob{\thepage \begin{picture}(0,0) \put(1,-\value{section}){\blob} \end{picture}} % 一般文字表示領域の座標(-3,-\value{section})に\blobを描き, % その後,元の位置でペ−ジ数を記述する. \newcommand\lblob{% \begin{picture}(0,0) \put(-3,-\value{section}){\blob} \end{picture}% \thepage} \pagestyle{fancy} \cfoot{} % 命令\secnameを作成する.\secnameはセクション名を引数に, % 行番号,セクション名,そしてツメを表示する. % ピクチャ−環境の原点は右マ−ジンにあるため,表示座標には-を付ける. % また,高さは下に位置するため,同様に-記号を付ける. % 高さのy座標はカウンタ−lineを作成している. \newcounter{line} \newcommand{\secname}[1]{\addtocounter{line}{1}% \put(1,-\value{line}){\blob} \put(-7.5,-\value{line}){\Large \arabic{line}} \put(-7,-\value{line}){\Large #1}} % 上記命令\rblob, \lblobはヘッダ−領域に記述されるが,インデックスは % 拡張ヘッダ−領域として取り扱われる.つまり,ペ−ジ記述と共に % インデックスも表記しようという考え方である. % ペ−ジの記述後,目次\overview命令をピクチャ−環境で作成する. % その領域は(0,0)であるからまったく座標領域を作成しない. % しかし,\put命令は領域がなくても,紙面のどこでも印字できる. % このセクション表記はすべてヘッダ−領域である. \newcommand{\overview}{\thepage \begin{picture}(0,0) \secname{Introduction} \secname{The first year} \secname{Specialisation} \secname{The second year} \end{picture}} \def\iroh{色は匂へど散りぬるを我が世誰ぞつねならむ 有為の奥山今日越えて浅き夢見じ酔ひもせず一二三\\} \begin{document} % \rightmarkと\leftmarkはデフォルト設定で,利用者の設定が継承される. \fancyhead[R]{\overview}\mbox{}\newpage % This produces the overview page \fancyhead[R]{} % Front matter may follow here \clearpage \fancyhead[RE]{\rightmark} \fancyhead[RO]{\rblob} \fancyhead[LE]{\lblob} \fancyhead[LO]{\leftmark} \section{Introduction} \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \section{The first year} \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \newpage \iroh\iroh\iroh\iroh \section{Specialisation} \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \newpage \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \section{The second year} \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \newpage \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \newpage \iroh\iroh\iroh\iroh \iroh\iroh\iroh\iroh \end{document} 参考: ページの端にインデックスを入れる. \documentclass[twoside,openright]{jarticle} \usepackage{color} \usepackage{fancyhdr} \setlength{\unitlength}{18mm} \newcommand{\tume}{\color{black}\rule[-.2\unitlength]{2\unitlength}{.5\unitlength}} \newcommand\rtume{\thepage \begin{picture}(0,0) \put(1,-\value{section}){\tume} \put(1.2,-\value{section}){\makebox(0,0)[l]{\color{white}\sffamily\bfseries\small\leftmark}} \end{picture}} \pagestyle{fancy} \fancyhead{} \renewcommand{\headrulewidth}{0pt} \fancyhead[RO]{\rtume} \fancyhead[LE]{\thepage} \fancyfoot{} \begin{document} \section{First Section} \cleardoublepage \section{Second Section} \cleardoublepage \section{Third Section} \end{document} \makeatletter \def\sidelabel#1{% \ifnum\@sidelabel@maxposition>\@sidelabel@position\else \global\@sidelabel@position\z@ \fi \global\advance\@sidelabel@position\@ne \protected@xdef\@sidelabel{#1}} \def\@sidelabel@height{20mm} \def\@sidelabel@width{6mm} \def\@sidelabel@offset{20mm} \def\@sidelabel@shift{10mm} \def\@sidelabel@maxposition{10} \newcount\@sidelabel@position \global\@sidelabel@position\z@ \def\ps@sidelabel{% \let\@oddfoot\@empty \let\@evenfoot\@empty \def\@oddhead{%           \def\oddheadになっていたのを修正     \hfil\rightmark\quad\thepage \@put@oddsidelabel}% %\def\@evenhead{%          ここから3行をコメントアウト % \@put@evensidelabel % \thepage\quad\rightmark\hfil}% \let\@mkboth\markboth} \def\@put@oddsidelabel{% \rlap{\kern\@oddsidelabel@hshift \@put@sidelabel{0mm}{3mm}}} \dimen@\paperwidth \advance\dimen@-\textwidth \advance\dimen@-\oddsidemargin \advance\dimen@-1in \advance\dimen@-\@sidelabel@width \edef\@oddsidelabel@hshift{\the\dimen@} \def\@put@evensidelabel{% \llap{\@put@sidelabel{3mm}{0mm}% \kern\@evensidelabel@hshift}} \dimen@\evensidemargin \advance\dimen@ 1in \advance\dimen@-\@sidelabel@width \edef\@evensidelabel@hshift{\the\dimen@} \def\@put@sidelabel#1#2{% %%% #1 左側へのはみだし量, #2 右側へのはみだし量 %%% \vbox to\z@{% \vbox to\paperheight{% \count@\@sidelabel@position \advance\count@\m@ne \dimen@\@sidelabel@shift \dimen@\count@\dimen@ \advance\dimen@\@sidelabel@offset \advance\dimen@-\topmargin \advance\dimen@-\headheight \advance\dimen@-1in \kern\dimen@ \dimen@\@sidelabel@width \advance\dimen@#1\relax \advance\dimen@#2\relax \hbox{% \vrule width\dimen@ height\@sidelabel@height depth\z@ \kern-\dimen@ \kern#1\relax \vbox to\@sidelabel@height{% \vss \hbox to\@sidelabel@width{{% \color{white}% \footnotesize\sffamily\gtfamily \hss\@sidelabel\hss}} \vss}% \kern#2\relax}% \vss}% \vss}} \makeatother としたことで,奇数ページのみにインデックスを 表示すると目的を達成できました. ご教授ありがとうございました. さらに,\sidelabelで表示する文字列を縦書きにする 方法はありますか?? いま,2通りを試みています. (1)\sidelabel{\mbox{\tate{文字1}}} (2)\sidelabel{\rotatebox[origin=c]{45}{文字1}} (1)の場合,エラーはでないのですがdvipdfmxによりpdfに変換すると ** WARNING ** CID: No usable CID-keyed font found for "HiraKakuPro-w6.otf". ** WARNING ** CID: Trying default font for "Adobe-Japan1". ** WARNING ** CID: "KozMinPro-Regular-Acro" will be used. と警告が出てしまう.出来上がりは,算用数字がかなりずれて表示されてしまいます. (2)の場合は,コンパイルの際にエラー出てしまう. ! Undefined control sequence. という現象が起きます.うまく,この目的を達成する方法はないのでしょうか?? 何度も質問してしまい,申し訳ありませんが, ご教授よろしくお願いします. ちなみに,\usepackage[dvipdfm]{graphicx}とgraphicxパッケージは 読み込んでいます. 辞書の耳 日本語だと「ツメ」だね.TeX Q & Aの35063 あるいは,「できあいのもの」を少しいじって解決するなら Q & Aの49847 http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/49847.html あたりでもいいかも. コピ−: %%%%% 相変わらずの稚拙な解決の一例 %%%%% \documentclass[twoside,openright]{jarticle} \usepackage{color} \usepackage{fancyhdr} \setlength{\unitlength}{18mm} \newcommand{\tume}{\color{black}\rule[-.2\unitlength]{2\unitlength}{.5\unitlength}} \newcommand\rtume{\thepage \begin{picture}(0,0) \put(1,-\value{section}){\tume} \put(1.2,-\value{section}){\makebox(0,0)[l]{\color{white}\sffamily\bfseries\small\leftmark}} \end{picture}} \pagestyle{fancy} \fancyhead{} \renewcommand{\headrulewidth}{0pt} \fancyhead[RO]{\rtume} \fancyhead[LE]{\thepage} \fancyfoot{} \begin{document} \section{First Section} \cleardoublepage \section{Second Section} \cleardoublepage \section{Third Section} \end{document} 本当の例: ソ−スファイル 例題 すきすきLatex 例題
example.sty目次に戻る.
\begin{example} texソースプログラム \end{example} はtexソースに含まれている基本ソフトで, 2段表示,左側にtex展開後,右側に tex.ソースファイルを 表示する.
PDFフォント変更目次に戻る.
フォント圧縮ファイル: cm_ams.zip LATEXで用いることができるComputer Modernフォントと AMSフォントのポストスクリプトフォント, およびdvipskの設定に必要なconfig.psファイルと psfonts.cmファイルとpsfonts.amsファイル cm_ams.zipを解凍して,ASCIIpTeXの場合は, ポストスクリプトフォントは   texmf/fonts/type1/public の下に,config.psは   texmf/dvips/config/ の中に,psfonts.cmとpsfonts.amsは   texmf/dvips/base/ の下に置いて下さい.